運動生化学 大森研究室  体育系A棟302号室

運動生化学 大森研究室

体育系A棟302号室  029-853-2676  omori.hajime.gb@u.tsukuba.ac.jp
JAPANESE | ENGLISH

 研究業績一覧     2021年9月12日更新

1.著書・翻訳書 *責任著者

 
田中喜代次,西平賀昭,征矢英昭,大森 肇:カラー 運動生理学大事典 –健康・スポーツ現場で役立つ理論と応用–(V.カッチ,マッカードル,F.カッチ著)(監訳),西村書店,2017.
 
石倉恵介,大森 肇:第5章 エネルギー変換の基礎.カラー 運動生理学大事典 –健康・スポーツ現場で役立つ理論と応用–(V.カッチ,マッカードル,F.カッチ著)(翻訳),西村書店,137-168,2017.
 
羅 成圭,大森 肇:第6章 運動時のエネルギー供給機構.カラー 運動生理学大事典 –健康・スポーツ現場で役立つ理論と応用–(V.カッチ,マッカードル,F.カッチ著)(翻訳),西村書店,169-184,2017.
 
大森 肇:ソフトテニス.岡出美則(代表),ビジュアル 新しい体育実技,東京書籍,東京,198-211,2011.
 
大森 肇:Ⅱ健康運動に必要な運動生理学・バイオメカニクスの基本知識 1.運動生理学 ③神経・筋骨格機能.佐藤祐造,川久保清,田畑 泉,樋口 満(編),[特定健診・保健指導に役立つ]健康運動指導マニュアル,文光堂,東京,pp.58 -69, 2008.
 
大森 肇:第Ⅲ章 温泉療養各論,運動療法1節 有酸素運動とレジスタンストレーニング.社団法人民間活力開発機構 (編),温泉療養学,社団法人民間活力開発機構 ,東京,pp.359-373,2006.
 
大森 肇:テニスにおける筋力の重要性.平野裕一,加賀谷淳子(編),トレーニングによるからだの適応−スポーツ生理学トピックス−,杏林書院,東京,pp.150-156, 2002.
 
大森 肇:体育科学入門Ⅱ-10 健康体力学入門4 運動とからだの働き(運動生理学),筑波大学体育専門学群(編 ) ,体育科学入門テキスト Ver.1,筑波大学体育専門学群,つくば, pp.77-80,2001.
 
大森 肇:第2部 知的障害のある人の肥満と運動の効果.社団法人 日本知的障害福祉連盟 (編),レッツスポーツ 中・重度知的障害者のリクリエーション・軽スポーツマニュアル,社団法人日本知的障害福祉連盟,東京,pp.18-32,2001.
 
大森 肇:ソフトテニス.高橋健夫,岡出美則,長谷川悦示,佐藤 佑,宮本政明,伊藤 宏,池田 熈,大橋久芳,熊沢直孝(編),ビジュアル 新しい体育実技 中学校全,東京書籍,東京,pp.160-171,2001.
 
大森 肇:6章 レジスタンストレーニングと筋の適応. 運動と筋の科学(勝田 茂編),朝倉書店,pp.79-92,2000.
 
大森 肇,勝田 茂:6章 筋・骨格系の働き.スポーツ医科学(中野昭一編著),杏林書院,pp.96-113,1999.
 
大森 肇:6講 運動時の糖質・脂質・蛋白質代謝とホルモン作用.16講 運動と生活習慣病.運動生理学20講 第2版(勝田茂編著),朝倉書店,pp.40-47,pp.115−120,1999.
 
大森 肇,勝田 茂,萩原直樹,狩野 豊,佐藤政廣,三橋大輔:ジュニアテニス選手の体力トレーニングのあり方を考える —日本の男子トップジュニア選手の事例から—.Guide Book ジュニア期の体力トレーニング(浅見俊雄編),日本体育協会, pp.93-102, 1996.
 
大森 肇:5講 運動時の糖質・脂質・蛋白質代謝とホルモン調節.16講 運動療法.運動生理学20講(勝田茂編著),朝倉書店,pp.30-39,pp.127−134,1993.
 
大森 肇:スポーツ医学−軟式テニスのケガと予防・処理,(著)西田豊明,「軟式テニス」, 学校図書,東京,pp.153−158,1990.

 2.学術論文 *責任著者

 
Miyazaki T, Nakamura-Shinya Y, Ebina K, Komine S, Ra SG, Ishikura K, Ohmori H, Honda A: N-acetyltaurine and acetylcarnitine production for mitochondrial acetyl-CoA regulation in skeletal muscles during endurance exercises. Metabolites. 2021-8. Metabolites 2021, 11, 522. https://doi.org/10.3390/metabo11080522 <査読あり>
 
Toriumi T, Kim A, Komine S, Miura I, Nagayama S, Ohmori H, Nagasaki Y :An antioxidant nanoparticle enhances exercise performance in rat high-intensity running models, Advanced Healthcare Materials 2021-3 <online >. doi.org/10.1002/adhm.202100067.<査読あり>
 
大澤啓亮,大森 肇、三橋大輔,白井克佳,松岡弘樹,安藤梢,西嶋尚彦:女子テニス選手のWTAシード達成のための年齢基準,大学体育研究, 43: 1-11, 2021. <査読あり>
 
時野谷勝幸,石倉惠介,羅圭成,海老名慧,宮川俊平,*大森 肇:アマチュアランナーにおけるフルマラソン後の血中酸化ストレス評価 — d-ROM および BAP テストを用いた検証 —.大学体育研究, 43,13-20, 2021.<査読あり>
 
Aoki K, Konno M, Honda K, Abe T, Nagata T, Takehara M, Sugasawa T, Takekoshi K, *Ohmori H. Habitual Aerobic Exercise Diminishes the Effects of Sarcopenia in Senescence-Accelerated Mice Prone8 Model. Geriatrics, 53:48. 2020. <査読あり>
 
Komatsuzawa R, Miyazaki T, Ohmori H, Maruyama C, Schaffer S W, Murakami S, Ito T. Evaluation of taurine content on skeletal muscle of exercised rats using MALDI-TOF MS imaging analysis. The Journal of Physical Fitness and Sports Medicine, 9(4) :165 – 171, 2020. <査読あり>
 
Tokinoya K, Ishikura K, Yoshida Y, Ra SG, Sugasawa T, Aoyagi A, Nabekura Y, Kazuhiro Takekoshi K, *Ohmori H. LDH isoenzyme 5 is an index of early onset muscle soreness (EOMS) during prolonged running. J Sports Med Phys Fitness, 60(7): 1020-1026, 2020. <査読あり>
 
Tokinoya K, Ishikura K, Ra SG, Ebina K, Miyakawa S, *Ohmori H. Relationship between early-onset muscle soreness and indirect muscle damage markers and their dynamics after a full marathon. J Exerc Sci Fit., 18(3): 115-121, 2020. <査読あり>
 
三浦 征, 小峰昇一, 宮下菜緒, 時野谷勝幸, 今野雅生, 川津俊輔,*大森 肇:一過性レジスタンス運動後の血中タウリン濃度の経時的変化.タウリンリサーチ628-31, 2020
 
小林雄晟,黒川宏美,松井裕史,小峰昇一, 大森 肇:タウリンが胃粘膜正常細胞とそのがん様変異株の増殖に及ぼす影響.タウリンリサーチ632-34, 2020
 
Ohmori H, Matsumura M, Komine S, Kobayashi H, Kobayashi Y, Shiromoto J, Miyakawa S: The production of a rat model that inhibitsphosphoenolpyruvate carboxykinase (PEPCK), a rate-limiting enzyme of hepatic gluconeogenesis. Advances in Experimental Medicine and Biology, 1155, 113 -118, 2019. <査読あり>
 
Ra SG, Choi Y, Akazawa N, Kawanaka K, Ohmori H, Maeda S:Effects of taurine supplementation on vascular endothelial function at restand after resistance exercise. Advances in Experimental Medicine and Biology, 1155, 407-411,  2019. <査読あり>
 
三浦 征,小峰昇一,宮下菜緒,時野谷勝幸,今野雅生,川津俊輔,*大森 肇:伸張性運動が血中タウリン濃度に与える影響.タウリンリサーチ549-512019
 
髙橋 諄,小峰昇一,宮﨑照雄,時野谷勝幸,今野雅生,永山純礼,*大森 肇: マウスにおける8週間の高脂肪食摂取に伴う肥満化が肝臓および白色脂肪組織のタウリン合成能に及ぼす影響.タウリンリサーチ552 -542019
 
Tokinoya K, Shiromoto J, Sugasawa T, Yoshida Y, Aoki K, Nakagawa Y, *Ohmori H, Takekoshi K: Influence of acute exercise on renalase and its regulatory mechanism. Life Sciences,  210: 235-242, 2018 -10. < Tokinoya K and Shiromoto J contributed equally to this work > <査読あり>
 
Ra SG, Miyazaki T, Kojima R, Komine S, Ishikura K, Kawanaka K, Honda A, Matsuzaki Y, *Ohmori H Effect of BCAA supplement timing on exercise-induced muscle soreness and damage: A pilot placebo-controlled double-blind study. The Journal of Sports Medicine and Physical Fitness, 58(11):1582-1591, 2018. <査読あり>
 
松村正隆,小峰昇一,小林春輝,小林雄晟,城本 淳,宮川俊平,*大森 肇:肝糖新生酵素ホスホエノールピルビン酸カルボキシキナーゼを阻害したラットモデルの作製.タウリンリサーチ441-432018
 
大森 肇,水島隆規,時野谷勝幸,青木 海,小峰昇一,今野雅生,小林雄晟,石倉惠介,宮﨑照雄,竹越一博:肥満マウスの白色脂肪組織におけるシステインジオキシゲナーゼmRNA発現に及ぼすトレーニングの影響. タウリンリサーチ444-462018
 
石倉恵介,小峰昇一,羅 成圭,宮﨑照雄,宮川俊平,吉岡利貢,鍋倉賢治,大森 肇:分岐鎖アミノ酸(BCAA)投与がマラソン後の血清C反応性タンパク質濃度ならびに血漿グルタミン濃度に及ぼす効果.ランニング学研究29-2157-1652018. <査読あり>
 
Miyazaki T, Nakamura Y, Ebina K, Mizushima T, Ra SG, Ishikura K, Matsuzaki Y, Ohmori H, Honda A: Increased N-Acetyltaurine in the Skeletal Muscle After Endurance Exercise in Rat. Advances in Experimental Medicine and Biology. 975: 403-411, 2017. <査読あり>
 
石倉恵介,宮川俊平,竹越一博,大森 肇:ヒトへのタウリン投与が長時間運動時の血漿アミノ酸濃度に及ぼす影響.タウリンリサーチ,3:9-112017
 
平 修,常山幸一,川崎安都紗,小野鮎子,前川昭,伊藤崇志,宮﨑照雄,城本 淳,小林春輝,大森 肇,片野 肇,村上 茂:筋肉中のタウリンの可視化.タウリンリサーチ,3:27-292017
 
海老名 慧,小峰昇一,宮﨑照雄,青木 海,城本 淳,宮川俊平,*大森 肇:長時間運動時の血糖低下をタウリン投与が抑制する機序ピルビン酸負荷試験による糖新生能の検討-タウリンリサーチ,3:51-532017
 
Ohmori H: Effect of taurine and BCAA intake on muscle damage after exercise. Planned Symposium 12 (Joint Symposium with Society for Taurine Research) “Diverse physiological actions of taurine”. (Proceedings of the 94th Annual Meeting of the Physiological Society of Japan, Mar.28 -30, 2017, Hamamatsu, Japan). The Journal of Physiological Sciences, 67 (Supplement 1): S20, 2017.
 
Tokinoya K, Ra SG, Yoshida K, Yoshida Y, Matsumura M, Takekoshi K, *Ohmori H: Relationship of inflammation and algesic substance in repeated bout effect for muscle soreness and damage after high intensity eccentric exercise. (The Proceedings of the 24th Annual Meeting of Japan Society of Exercise and Sports Physiology, July 23-24, 2016, Kumamoto, Japan) Advances in Exercise and Sports Physiology, 22(4): 94, 2016.
 
Miyazaki T, Ra SG, Ebina K, Takekoshi K, Miyakawa S, Ohmori H: Physiological role of taurine on acetate metabolism after endurance exercise. (The Proceedings of the 24th Annual Meeting of Japan Society of Exercise and Sports Physiology, July 23-24, 2016, Kumamoto, Japan) Advances in Exercise and Sports Physiology, 22(4): 100, 2016.
 
Shiromoto J, Watanabe D, *Ohmori H, Wada M: Effect of increased muscle glycogen on the expression of Ca2+-ATPase in the sarcoplasmic reticulum of rat skeletal muscle. (Proceedings of the 71st Japanese Society of Physical Fitness and Sports Medicine, September 23-25, 2016, Iwate, Japan) The Journal of Physical Fitness and Sports Medicine, 5(6):438, 2016.
 
Tokinoya K, Ishikura K, Ra SG, Yoshida Y, Shiromoto J, Aoki K, Morita S, Aoyagi A, Nabekura Y, Takekoshi K, *Ohmori H: Chronological change in muscle damage and inflammation in early onset muscle soreness during prolonged exercise. (Proceedings of the 71st Japanese Society of Physical Fitness and Sports Medicine, September 23-25, 2016, Iwate, Japan) The Journal of Physical Fitness and Sports Medicine, 5(6):441, 2016.
 
Miyazaki T, Ra SG, Ishikura K, Miyakawa S, Matsuzaki Y, Honda A, Ohmori H: Effect of pre-exercise BCAA intake on serum 3HMB level. (Proceedings of the 71stJapanese Society of Physical Fitness and Sports Medicine, September 23-25, 2016, Iwate, Japan) The Journal of Physical Fitness and Sports Medicine, 5(6):459, 2016.
 
Ebina K, Yamamoto D, Ishikura K, Komine S, Miyazaki T, Ohno T, Miyakawa S, *Ohmori H: Are reduced taurine levels in the white adipose tissue of obese mice improved by endurance training? (Proceedings of the 71st Japanese Society of Physical Fitness and Sports Medicine, September 23-25, 2016, Iwate, Japan) The Journal of Physical Fitness and Sports Medicine, 5(6):470, 2016.
 
Ohmori H, Ohno T, Ebina K, Tokinoya K, Miyazaki T, Suzuki T, Nishimura A, Miyakawa S: Effects of L-citrulline intake on running performance. (Proceedings of the 71st Japanese Society of Physical Fitness and Sports Medicine, September 23-25, 2016, Iwate, Japan) The Journal of Physical Fitness and Sports Medicine, 5(6): 471, 2016.
 
Sugasawa T, Mukai N, Tamura K, Tamba T, Mori S, Miyashiro Y, Yamaguchi M, Nissato S, Ra SG, Yoshida Y, Hoshino M, Ohmori H, Kawakami Y, Takekoshi K.: Effects of cold stimulation on mitochondrial activity and VEGF expression in vitro. International Journal of Sports Medicine, 37(10): 766-778, 2016. <査読あり>
 
石倉恵介,中村祐介,辻 明宏,宮崎照雄,宮川俊平,*大森 肇:トレーニングと食事制限下のタウリン投与が体重,骨格筋湿重量および骨格筋アミノ酸濃度変化に及ぼす影響.タウリンリサーチ,2:45-492016.<査読あり>
 
海老名 慧,山本大介,石倉恵介,小峰昇一,宮崎照雄,大野貴弘,宮川俊平,*大森 肇:肥満マウスの白色脂肪組織におけるタウリン濃度の低下は持久性トレーニングで抑制されるか.タウリンリサーチ, 2:31-332016
 
羅 成圭,崔 英珠,赤澤暢彦,大森 肇,前田清司:タウリンと血管内皮機能.タウリンリサーチ, 2:40-422016
 
中村優歩,宮崎照雄,大野貴弘,羅 成圭,海老名 慧,菅澤威仁,竹越一博,宮川俊平,本多 彰,松崎靖司,*大森 肇:高強度持久性運動による骨格筋N-アセチルタウリンの増加.タウリンリサーチ, 2:43-442016
 
Ra SG, Choi Y, Akazawa N, Ohmori H, Maeda S.: Taurine supplementation attenuates delayed increase in exercise-induced arterial stiffness. Applied Physiology, Nutrition, and Metabolism, 41(6): 618-623, 2016.   <査読あり>
 
Miyazaki T, Ishikura K, Honda A, Ra SG, Komine S, Miyamoto Y, Ohmori H and Matsuzaki Y: Increased N-acetyltaurine in serum and urine after endurance exercise in human, Advances in Experimental Medicine and Biology, 803: 53-62,2015. <査読あり>
 
Ra SG, Akazawa N, Choi Y, Matsubara T, Oikawa S, Kumagai H, Tanahashi K, Ohmori H and Maeda S: Taurine supplementation reduces eccentric exercise–induced delayed onset muscle soreness in young men, Advances in Experimental Medicine and Biology, 803: 765-772,2015. <査読あり>
 
羅 成圭,赤澤暢彦,崔 英珠,竹越一博,大森 肇,前田清司:レジスタンス運動時のタウリン摂取の有効性.タウリンリサーチ1:36-38, 2015.
 
海老名 慧,小峰昇一,大野貴弘,時野谷勝幸,石倉惠介,松井 崇,羅 成圭,宮﨑照雄,宮川俊平,征矢英昭,*大森 肇:長時間運動時の血糖低下をタウリン投与が抑制する機序 〜遊離アミノ酸を基質とした糖新生からの検討〜.タウリンリサーチ1:53-55, 2015.
 
大森 肇,小峰昇一,三好貴士,松井 崇,石倉惠介,羅 成圭,宮﨑照雄,正田純一,宮川俊平,征矢英昭:長時間運動の持続時間と血糖レベルの関係に及ぼすタウリン投与の影響.タウリンリサーチ1:56-58, 2015.
 
石倉惠介,宮﨑照雄,松坂 賢,羅 成圭,宮川俊平,大森 肇:骨格筋糖代謝ならびにアミノ酸代謝関連の遺伝子発現に及ぼすタウリン投与の影響.タウリンリサーチ1:59-62, 2015.
 
Ra S-G, Miyazaki T, Ishikura K, Nagayama H, Suzuki T, Maeda S, Ito M, Matsuzaki Y and *Ohmori H: Additional effects of taurine on the benefits of BCAA intake for the delayed-onset muscle soreness and muscle damage induced by high-intensity eccentric exercise. Advances in Experimental Medicine and Biology, 776:179-187, 2013. <査読あり>
 
向後佑香,坂本昭裕,大森 肇,秋山 央:筑波大学体育センターにおける基礎体育の評価新カリキュラムはどのような成果をもたらしたか- 大学体育研究35:13-252013. <査読あり>
 
Ishikura K, Ra S-G and *Ohmori H: Exercise-induced changes in amino acid levels in skeletal muscle and plasma. The Journal of Physical Fitness and Sports Medicine, 2(3): 301-310, 2013. <査読あり>
 
Ra S-G, Miyazaki T, Ishikura K, Nagayama H, Komine S, Nakata Y, Maeda S, Matsuzaki Y and *Ohmori H: Combined effect of branched-chain amino acids and taurine supplementation on delayed onset muscle soreness and muscle damage in high-intensity eccentric exercise. Journal of the International Society of Sports Nutrition,10: 51-62, 2013. <査読あり>
 
向後佑香,坂本昭裕,大森 肇,山田幸雄,本間三和子,平山素子,鍋山隆弘,榎本靖士,安藤真太郎,門野洋介,山田永子,村瀬陽介,桐生習作:大学体育が大学一年生のメンタルヘルスに及ぼす影響.大学体育研究3439 -452012. <査読あり>
 
井上恒志郎,岡本正洋,イミンチョル,松井 崇,町田正直,石倉恵介,武田哲子,大森 肇,麻見直美,武政 徹,坂入洋右,征矢英昭:騒音を伴うネガティブラック飼育環境における実験動物の適応性:1週間の予備飼育の有効性.筑波大学体育科学系紀要 34 : 45-52, 2011. <査読あり>
 
Ishikura K, Miyazaki T, Ra S-G, Endo S, Nakamura Y, Matsuzaka T, Miyakawa S and *Ohmori H : Effect of taurine supplementation on the alterations in amino acid content in skeletal muscle with exercise in rat. Journal of Sports Science and Medicine, 10: 306-314, 2011. <査読あり>
 
大森 肇,権藤雄一,澤入正通,窪田辰政,大城戸道生:中強度運動の継続時間が計算課題成績の向上と維持に及ぼす影響.日本運動生理学雑誌18(1):47-54, 2011. <査読あり>
 
大森 肇,青木大輔:高強度運動時の中枢性疲労因子としてのアンモニア.臨床スポーツ医学28(10):1109-1115, 2011. <査読あり>
 
坂本昭裕,小田 梓,門野洋介,武田 剛,大森 肇,小俣幸嗣,山田幸雄,本間三和子,平山素子,安藤真太郎,鍋山隆弘:筑波大学体育センターにおけるカリキュラム評価のグランドデザイン −授業評価を軸としたカリキュラム改善の提案−.大学体育研究3383 -912011.
 
小田 梓,大森 肇,坂本昭裕,小俣幸嗣,平山素子:新カリキュラムに対応した学生による授業評価の試み.大学体育研究3393 -1002011.
 
大森 肇,権藤雄一,澤入正通,窪田辰政,大城戸道生:中強度運動の継続時間が計算課題成績の向上と維持に及ぼす影響.日本運動生理学雑誌18(1):47-54, 2011. <査読あり>
 
Ohmori H, Kume T, Sasaki K, Ohyama Byun K, Takahashi H and Kubota T: Low-frequency isometric
training, 1-day of training every 2 weeks, increases muscle strength in untrained subjects. Adv. Exerc. Sports Physiol., 16(1): 1-5, 2010. <査読あり>
 
石倉恵介,宮川俊平,矢田部佳久,竹越一博,*大森 肇:長時間運動時の血中グルコース濃度に及ぼすタウリン投与の影響.体力科学57475-4842008. <査読あり>
 
大森 肇,青木大輔,中垣浩平,窪田辰政,下川哲徳,小山泰文:長時間走による血中アンモニアの上昇が加算作業成績に及ぼす影響.国士舘大学体育・スポーツ科学研究829-402008. <査読あり>
 
大森 肇,窪田辰政, 下川哲徳:動的バランストレーニング効果の保持期間に関する研究. 杏林大学研究報告 −教養部門−2567-772008. <査読あり>
 
大森 肇,窪田辰政, 下川哲徳:バランス能力のトレーニングとその効果. 杏林大学研究報告 −教養部門−,2555-652008. <査読あり>
 
大森 肇,青木大輔,窪田辰政,金木 悟,村上 繁:サッカーにおける中枢疲労が状況判断能力に及ぼす影響と中枢疲労因子としてのアンモニアの関与.-自然と文化」東海大学紀要海洋学部5 (2) : 55-642007. <査読あり>
 
大森 肇,澤入正通,窪田辰政,村上 繁:運動が計算課題遂行に及ぼす影響と脳機能計測法によるメカニズムの検討. 「海-自然と文化」東海大学紀要海洋学部5 (2) : 47-542007. <査読あり>
 
Kubota T, Ohmori H and Munakata T : Relationship between physical activity level and self-efficacy for exercise on university students. 日本精神保健社会学会年報「メンタルヘルスの社会学」,13 : 21-27,2007. <査読あり>
 
Zeng Q, Isobe K, Fu L, Ohkoshi N, Ohmori H, Takekoshi K and Kawakami Y : Effects of exercise on adiponectin and adiponectin receptor levels in rats. Life Sciences, 80: 454-459, 2007. <査読あり>
 
Kubota T, Ohmori H and Munakata T : The relationship between physical activity level and stress response in university students. J. Kyorin Med. Soc., 37(3) : 55-59, 2006. <査読あり>
 
Takekoshi K, Fukuhara M, Zeng Q, Nissato S, Isobe K, Kawakami Y and Ohmori H : Long-term exercise stimulates adenosine monophosphate- activated protein kinase activity and subunit expression in rat visceral adipose tissue and liver. Metab. Clin. Exp., 55 : 1122-1128, 2006. <査読あり>
 
鯵坂隆一,大森 肇,久野譜也,渡辺重行,山口 巌,勝田 茂,安田俊広,川島紫乃,大槻  毅,前田清司,松田光生:後期高齢者の運動負荷 -安全性および運動耐性-心臓37(特別号2):48-50.2005. <査読あり>
 
Ogata T, Oishi Y, Roy R R and Ohmori H : Effects of T3 treatment on HSP72 and calcineurin content of functionally overloaded rat plantaris muscle. Biochem. Biophys. Res. Commun.,331 : 1317-1323, 2005. <査読あり>
 
後藤邦夫,村木征人,宮下 憲,阿江通良,大森 肇,大山圭悟,木塚朝博,久野譜也,三木ひろみ,向井直樹:右下腿膝関節下切断A君の競技力向上に関する実践 競技力向上のための基礎資料.筑波大学体育科学系紀要, 26129-1332003. <査読あり>
 
Tanabe T, Maeda S, Miyauchi T, Iemitsu M, Takanashi M, Irukayama-Tomobe Y, Yokota T, Ohmori H and Matsuda M : Exercise training improves aging-induced decrease in eNOS expression of the aorta. Acta Pysiol.Scand., 178 : 3-10, 2003. <査読あり>
 
Ogata T, Oishi Y, Roy R R and Ohmori H : Endogeneous expression and developmental changes of HSP72 in rat skeletal muscles. J. Appl. Pysiol., 95 : 1279-1286, 2003. <査読あり>
 
緒方知徳,大石康晴,大森 肇:骨格筋再生過程における熱ショックタンパク質72の変化.体力科学5175-842002. <査読あり>
 
Okuda Y, Kobayashi K, Ohmori H, Sone H, Suzuki S, Ma J, Nakajima T, Yamada N and Yamashita K : Acute gliclazide administration enhances glucose and ketone body utilization in the perfused hind limb of normal and streptozotocin-diabetic rats. Life Sciences, 71: 647-654,2002. <査読あり>
 
Iemitsu M, Miyauchi T, Maeda S, Tanabe T, Takanashi M, Irukayama-Tomobe Y, Sakai S,Ohmori H, Matsuda M and Yamaguchi I: Aging-induced decrease in the PPAR-α level in hearts is improved by exercise training. Am. J. Physiol. Heart Circ. Physiol., 283: H1750-H1760, 2002. <査読あり>
 
大森 肇,渡邉彰人,大山卞圭悟,佃 文子,高橋英幸,久米俊郎,白木 仁,岡田守彦,板井悠二,勝田 茂:神経・筋でのトレーニング効果は記憶される -再トレーニングに対する筋力増加応答-体力科学49385-3922000. <査読あり>
 
勝田 茂,大森 肇,野田達也,萩原直樹,高松 薫,高井省三:日本の一流ジュニアテニス選手の形態的・体力的特性とその経年的変化.筑波大学体育科学系紀要2243-531999. <査読あり>
 
Suwa M, Miyazaki T, Nakamura T, Sasaki S, Ohmori H and Katsuta S : Hereditary dominance of fast-twitch fibers in skeletal muscles and relation of thyroid hormone under physiological conditions in rats. Acta Anat., 162: 40-45, 1998. <査読あり>
 
Kano Y, Shimegi S, Masuda k, Sakato H, Ohmori H and Katsuta S : Effects of different intensity endurance training on the capillary network in rat skeletal muscle. Int. J. Microcirc., 17: 93-96, 1997. <査読あり>
 
大森 肇,勝田 茂:日本の女子テニス選手はなぜ世界に通用するのか.日本機械学会創立100周年記念講演会D&D'97スポーツ工学シンポジウム講演論文集, No.97-10-2: 1-6, 1997.
 
大森 肇:正常ラットにおける長期運動がケトン体代謝に及ぼす影響,バイオメカニクス研究1105-1191997.
 
Kano Y, Shimegi S, Masuda K, Ohmori H and Katsuta S : Morphological adaptation of capillary network in compensatory hypertrophied rat plantaris muscle. Eur.J. Appl. Physiol., 75: 97-101, 1997. <査読あり>
 
Kawanaka K, Higuchi M, Ohmori H, Shimegi S, Ezaki O and Katsuta S : Muscle contractile activity modulates GLUT4 protein content in the absence of insulin. Horm. Metab. Res., 28: 75-80, 1996. <査読あり>
 
Sakamoto K, Nosaka K, Shimegi S, Ohmori H and Katsuta S : Creatine  kinase release from regenerated muscles after eccentric contraction in rats. Eur. J. Appl. Physiol., 73: 516-520, 1996. <査読あり>
 
狩野 豊,七五三木聡,増田和実,坂戸英樹,大森 肇,勝田 茂:異なる強度の持久性トレーニングが心室筋の毛細血管形態に及ぼす影響.体力科学45: 511-5181996. <査読あり>
 
奥本 正,斉藤綾子,大森 肇,勝田 茂:尾部懸垂によるラットヒラメ筋線維タイプの非均一的変化.体力科学44: 137-1461995. <査読あり>
 
Sakuma K, Yamaguchi A, Ohmori H and Katsuta S : Nonuniform changes in fibre types in the soleus muscle of the developing rat. Eur. J. Appl. Physiol., 70: 132-137, 1995. <査読あり>
 
阿部一佳,坂田勇夫,高橋伍郎,福原祐三,宮丸凱史,後藤邦夫,高森秀蔵,田崎健太郎,宮下 憲,本間 崇,橘 直隆,安藤真太郎,大高敏弘,大森 肇,白木 仁,鍋倉賢治,山田幸雄,嵯峨 寿,河合季信,斉藤武利,図子美和,千足耕一,安田貴彦,布目靖則:正課体育に及ぼす大綱化の影響に関する調査研究(第1報).大学体育研究17: 57-841995. <査読あり>
 
川中健太郎,樋口 満,田畑 泉,大森 肇,勝田 茂:トレーニングが骨格筋の糖取り込み機能を向上させるメカニズム.体力研究8887-971995. <査読あり>
 
川中健太郎,樋口 満,大森 肇,勝田 茂:筋の活動量および種類による糖輸送体濃度の変化.体力科学43269-2761994. <査読あり>
 
勝田 茂,大森 肇:子どもとテニス.小児科診療572163-21681994.
 
高橋伍郎,嵯峨 寿,松田義幸,宮丸凱史,阿部一佳,斉藤隆志,後藤邦夫,松村浩貴,坂本昭裕,図子美和,本間三和子,千足耕一,土田了輔,斉藤武利,小俣幸嗣,宮下  憲,大森  肇, 鍋倉賢治,田崎健太郎,河村レイ子,会田 宏,南 隆尚,坂田勇夫:生涯学習社会における大学体育の役割 −健康科学から自由学芸へのリストラクチャー−.大学体育研究1531-961993. <査読あり>
 
大木昭一郎,寄金義紀,高橋伍郎,宮丸凱史,松田義幸,阿部一佳,宮下 憲,後藤邦夫,小俣幸嗣,大森 肇,本間三和子,鍋倉賢治,嵯峨 寿,柵木聖也,坂本昭裕,斉藤隆志,松村浩貴,千足耕一:大学教員の生活・スポーツ・職業に関する意識調査.大学体育研究1597-1461993. <査読あり>
 
大森 肇:心拍動の体液性調節.Jpn. J. Sports Sci., 12(8): 483-488, 1993.
 
奥田諭吉,大森 肇,渡辺康子,富沢浩子,伊坂正明,川井紘一,山下亀次郎,伊藤 康,藤田敏郎:インスリン非依存型糖尿病患者の中等度の運動療法による血中ケトン体と各種ホルモンの変化.糖尿病の運動療法281861991. <査読あり>
 
山口明彦,大森 肇,稲木光晴,川中健太郎,勝田 茂:ラット骨格筋の除神経萎縮に及ぼす脊髄抽出液の効果.体力科学40111-1201991. <査読あり>
 
Okuda Y, Kawai K, Ohmori H and Yamashita K : Ketone body utilization and its metabolic effect in resting muscles of normal and streptozotocin-diabetic rats. Endocrinol. Japon.,38(3) : 245-251, 1991. <査読あり>
 
Okuda Y, Ohmori H, Isaka M, Kawai K and Yamashita K : Ketone body and glucose metabolism in the resting muscle of normal and streptozotocin diabetic rats. In: New Directions in Research and Clinical Works for Obesity and Diabetes Mellitus: 301-306, 1991.
 
Kawai K, Murayama Y, Ohmori H and Yamashita K : Sucrose intake and diabetic ketoacidosis of NIDDM ; two case reports and experimental studies with an NIDDM model in rats. In: Current Status of Prevention and Treatment of Diabetic Complications: 337-341, 1990.
 
久野譜也,秋貞雅祥,勝田 茂,新津 守,阿武 泉,松本邦彦,大森 肇,七五三木聡,高橋英幸:31P NMRによる高齢者の筋エネルギー代謝 −長距離競技者と非鍛錬者の比較−.体力研究7548531990. <査読あり>
 
Ohmori H, Kawai K and Yamashita K : Enhanced ketone body uptake by perfused skeletal muscle in trained rats. Endocrinol. Japon., 37(3): 421-429, 1990. <査読あり>
 
Mukai H, Kawai K, Suzuki S, Ohmori H, Yamashita K and Munekata E : [Ala6] gastrin-releasing peptide-10: an analogue with dissociated biological activities. Am. J. Physiol., 257: E235-E240, 1989. <査読あり>
 
Kawai K, Ohmori H, Okuda Y and Yamashita K : Effects of 3-hydroxybutyrate and hyperosmolarity on glucagon release from isolated perfused canine pancreas. Endocrinol. Japon., 36(4): 501-508, 1989. <査読あり>
 
Kawai K, Mukai H, Chiba Y, Ohmori H, Suzuki S, Munekata E and Yamashita K : Effects of neuromedin B on insulin and glucagon release from the isolated, perfused rat pancreas. Endocrinol. Japon., 36(4): 587-594, 1989. <査読あり>
 
Ohmori H, Kawai K and Yamashita K : Characterization of exercise-induced hyperketonemia in
streptozotocin-diabetic rats and the effects on it of prolonged training. Endocrinol. Japon.
36(3): 417-427, 1989. <査読あり>
 
Kawai K, Suzuki S, Ohashi S, Mukai H, Ohmori H, Murayama Y and Yamashita K : Comparison of the effects of glucagon-like peptide-1-(1-37)and-(7-37) and glucagon on islet hormone release from isolated perfused canine and rat pancreases. Endocrinology, 124(4): 1768-1773,1988. <査読あり>
 
川井紘一,大森 肇,山下亀次郎:ストレプトゾトシン投与によるNIDDM モデルラット −新生児期大量投与と成熟期少量投与での比較.糖尿病動物11801851987.
 
川井紘一,奥田諭吉,大森 肇,山下亀次郎:ケトン体および高浸透圧のグルカゴン分泌への影響.グルカゴン研究69721986.
 
勝田 茂,大森 肇,宮田浩文:発育期におけるパワースプリント・トレ ーニングの適時性に関する研究.体力科学34 (Suppl.)39481985. <査読あり>

3.その他の論文・報告書など *責任著者

 
体育系TSI委員会(長谷川悦示,宮﨑明世,小野誠司,松元 剛,大森 肇,國部雅大,大石純子):Tsukuba Summer Institute for Physical Education と10周年記念大会.筑波大学体育系紀要,43:43-52, 2020.
 
大森 肇:マナーキッズ®テニス教室は子供の感情を改善する <5 研究報告>.公益財団法人マナーキッズ®プロジェクトについて 第10版,5,2018.
 
大森 肇:マナーキッズ®テニス教室は子供の感情を改善する <5 研究報告>.公益財団法人マナーキッズ®プロジェクトについて 第8版:5, 2015.
 
大森 肇:マナーキッズ®テニス教室は子供の感情を改善する <5 研究報告>.公益財団法人マナーキッズ®プロジェクトについて 第7版:5, 2014.
 
大森 肇,坂本昭裕:G3 平成24年度活動報告 <体育センタープロジェクト研究報告>.大学体育研究,35:113 -119,2013.
 
大森 肇:マナーキッズ®テニス教室は子供の感情を改善する <5 研究報告>.認定NPO法人マナーキッズ®プロジェクトについて 第6版:5, 2012.
 
大森 肇:マナーキッズ®テニス教室は子供の感情を改善する <5 研究報告>.認定NPO法人マナーキッズ®プロジェクトについて 第5版:5, 2012.
 
大森 肇,坂本昭裕:G3 平成23年度活動報告 <体育センタープロジェクト研究報告>.大学体育研究,34:67 -69,2012.
 
大森 肇:タウリン投与が骨格筋アミノ酸濃度に及ぼす影響.筑波大学研究基盤総合センター分析部門報告2008-2010:67-68,2011.
 
大森 肇:マナーキッズ®テニス教室は子供の感情を改善する.認定NPO法人マナーキッズ®プロジェクトについて 第4版:5, 2011.
 
大森 肇:G3 平成22年度活動報告 <知の競争時代における大学体育モデルの再構築に関する実践的研究 SPERT (Sports & Physical Education Renovation in Tsukuba) プロジェクト>.大学体育研究,33:79-81,2011.
 
大森 肇,武田 剛,小山宏之,河合季信,橘 直隆:「平成21年度授業改善ミーティング」実施報告 .大学体育研究,33:41 -46,2011.
 
大森 肇:G3 平成21年度活動報告 <知の競争時代における大学体育モデルの再構築に関する実践的研究 SPERT (Sports & Physical Education Renovation in Tsukuba) プロジェクト>.大学体育研究,32:69-71,2010.
 
大森 肇:杉並区立三谷小学校学校運営協議会の取り組み.すぎなみ教育シンポジウム報告書:9-13,2010.
 
大森 肇:マナーキッズ®テニス教室は子供の感情を改善する.認定NPO法人マナーキッズ®プロジェクトについて 第3版:5, 2010.
 
大森 肇:マナーキッズテニス教室は子どもの感情を改善する -マナーキッズプロジェクト研究-中間報告-.第2回全国マナーキッズフォーラム2009報告書 マナーとルールは「人間力」の第一歩:62-71,2009.
 
大森 肇,大城戸道生,石倉恵介:遊歩道ウォーキングと足浴が運動強度・疲労・ストレスマーカーに及ぼす影響 -傾斜歩行路と足湯を併用した中高年者の健康づくり策定-. 大和証券ヘルス財団の助成による…研究業績集 第31集 : 162-167,2008.
 
矢田部佳久,宮川俊平,大森 肇:筋疲労とタウリン.体育の科学, 56:705-709,2006.

松田光生,宮内 卓,前田清司,後藤勝年,山口 巌,高石昌弘,鯵坂隆一,大森 肇,熊谷嘉人,久野譜也,柿山哲治,入鹿山容子,村上晴香,高梨正勝,菅原 順,小林 勉,横田倫子,家光素行,田辺 匠,横山典子,大槻 毅,矢澤克典:運動と血管内皮由来血管作動性物質による循環調節.平成11年度〜平成13年度科学研究費補助金(基盤研究B)研究成果報告書:1-77,2002.
 
大森 肇:現代の最先端テニスにおける筋力の重要性.体育の科学,50:639-645,2000.
 
大森 肇,勝田 茂,手塚恵美,狩野 豊,道上静香,高橋英幸,久野譜也,高井省三:一流ジュニアテニス選手のサービス速度に影響する要因とその男女差. 平成10年度日本体育協会スポーツ医・科学研究報告,No.Ⅶジュニア期の体力トレーニングに関する研究−第5報−:19-27,1999.
 
大森 肇, 勝田 茂,渡邉彰人:骨格筋に対するトレーニング効果の記憶に関する研究.平成6年度〜平成8年度科学研究費補助金(基盤研究 (C)(2))研究成果報告書:1−54,1999.
 
大森 肇,勝田 茂,稲木光晴, 久野譜也,高橋英幸,野田達也,手塚恵美 :成熟に伴うジュニアテニス選手における体力・技術水準の変化に関する縦断的研究.平成9年度〜平成10年度科学研究費補助金(基盤研究(C)(2))研究成果報告書:1−59, 1999.
 
勝田 茂,大森 肇,稲木光晴,狩野 豊:持久性トレーニングがラット心筋毛細血管床に及ぼす影響.平成7年度〜平成9年度科学研究費補助金(基盤研究 B)研究成果報告書:1−38,1998.
 
勝田 茂,保坂栄弘,大森 肇,稲木光晴:非観血的筋線維組成測定装置の開発とスポーツ科学への応用.平成7年度〜平成8年度科学研究費補助金(基盤研究 B)研究成果報告書:1−92,1997.
 
根本 勇,小田宏行,加賀谷淳子,石崎朔子,村田光範,船渡和男,勝田 茂,大森 肇,熊川輝男,伊藤静夫,浅見俊雄:種目別にみたジュニアスポーツ選手のパワー発揮能力の経年変化.平成7年度日本体育協会スポーツ医・科学研究報告,No.Ⅴジュニア期の体力トレーニングに関する研究−第4報−:43-49,1996.
 
大森 肇,佐藤政廣,勝田 茂,萩原直樹,三橋大輔,狩野 豊:ジュニアテニス選手における望ましい体力トレーニングのあり方を求めて—日本の男子トップジュニア選手の事例から—.平成7年度日本体育協会スポーツ医・科学研究報告,No.Ⅴジュニア期の体力トレーニングに関する研究−第4報−:86-90,1996.
 
大森 肇,佐藤政廣,勝田 茂,萩原直樹,三橋大輔,横尾圭介,狩野 豊,藤本浩一,秋間 広,佐久間邦弘:日本の男子一流ジュニアテニス選手における形態的,体力的特性.平成6年度日本体育協会スポーツ医・科学研究報告,No.Ⅴジュニア期の体力トレーニングに関する研究−第3報−:77-82,1995.
 
大森 肇:生理生化学的立場から人間の運動を考える.体育の科学,44:275-279,1994.
 
勝田 茂,大森 肇,佐藤政廣,三橋大輔,横尾圭介,萩原直樹,佐久間邦弘:一流テニスジュニア選手における体力的・形態的特性の経年的変化.平成5年度日本体育協会スポーツ医・科学研究報告,No.Ⅴジュニア期の体力トレーニングに関する研究−第2報−:79-83,1994.

大森 肇,勝田茂:勝つための栄養学 その3 −試合に役立つ糖質補給. Hockey, 71: 24-25, 1994.
 
大森 肇,高松 薫,勝田 茂:1991年ユニバーシアード大会ホッケー日本代表選手の栄養調査−1990年における栄養調査および食事指導の成果の検討−.平成4年度日本オリンピック委員会スポーツ医・科学研究報告,No.Ⅱ競技種目別競技力向上に関する研究−第16報−:135-139,1993.
 
大森 肇,勝田茂:勝つための栄養学 その2 −効果的な筋肉づくりの方法−.Hockey, 69: 24-25,1993.
 
大森 肇:勝つための栄養学 その1 −栄養分析カウンセリングのすすめ−.Hockey, 68: 8-9, 1993.
 
大森 肇,片岡英史,山口明彦,勝田 茂:骨格筋タイプの可塑性について−電気刺激と伸展固定による骨格筋線維組成の移行過程−.平成3年度文部省特定研究成果報告書,生命体の変容能力に関する総合的研究:43-47,1992.
 
大森 肇,高松 薫,勝田 茂:ホッケー全日本代表選手および候補選手(男,女)の栄養調査.平成2年度日本体育協会スポーツ医・科学研究報告,No.Ⅱ競技種目別競技力向上に関する研究 −第14報−:103−108,1991.

大槻文夫,百鬼史訓,植竹照雄,田中幸夫,大森 肇:ジュニア選手の骨年齢と運動能力について.平成2年度日本体育協会スポーツ医・科学研究報告,No.Ⅳ日本人青少年のTWⅡ骨年齢の標準化に関する研究−陸上競技ジュニア選手の体力に関する日中共同研究より−:40−44,1991.
 
勝田 茂,麻場一徳,大森 肇,小倉文雄,喜久生明男,小林和典,高松 薫,津田寿郎,寺本祐治,永井祐司,宮永 豊,安田善次郎:ホッケー競技選手の疾走能力に関する研究. その2 シニア代表選手とジュニア・ユース候補選手のドリブル走および全速疾走における疾走技術の比較.平成元年度日本体育協会スポーツ医・科学研究報告,No.Ⅱ競技種目別競技力向上に関する研究−第13報−:185−190,1990.
 
大槻文夫,植竹照雄,大森 肇,宮本知次:スポーツタレント発掘の手がかりとしての生物学的年齢.平成元年度日本体育協会スポーツ医・科学研究報告,No.Ⅴスポーツタレントの発掘方法に関する研究−第1報−:117−128,1990.
 
大槻文夫,大森 肇,山下陽子,宮本知次:(分担)走り高跳び選手について.平成2年度日本体育協会スポーツ医・科学研究報告,No.Ⅲ陸上競技ジュニア選手の体力に関する日中共同研究−第2報−:76−93,1990.
 
大森 肇,川井紘一,山下亀次郎:運動時血中ケトン体上昇に対するトレーニング効果とその機序 −筋でのケトン体利用に関する検討.日本臨床代謝学会記録 ,XXV:294−295,1988.
 
奥田諭吉,川井紘一,村山耕子,大森 肇,山下亀次郎:加令のケトン体代謝への影響.日本臨床代謝学会記録,XXIII:84-85,1986.
 
勝田 茂,大森 肇,征矢英昭:発育期におけるパワースプリント・トレーニングの適時性に関する研究.昭和59年度科学研究費補助金(特定研究 (1))研究成果報告書,発育期の体力に関する基礎的研究:26−28,1985.

4.学会発表・講演 *責任著者
(1) 学会発表

 
Ohmori H, Miura I, Komine S, Uwano T, Miyashita N, Tokinoya K, Oh S, Ra SG, Ishikura K, Hu T:Is taking sulforaphane effective for eccentric exercise-induced muscle soreness and muscle damage in humans? ARIHHP Human High Performance International Forum 2021, Tsukuba, Japan, 2021-3 (Online).
 
宮﨑照雄,大森肇,本多彰:血中代謝産物測定による持久性運動時のエネルギー代謝バランスの評価.第28回日本運動生理学会大会,名護(オンラインおよびオンサイト),2021年3月.
 
小峰昇一,三浦征,呉世昶,大森肇:スルフォラファン摂取が伸張性運動により誘発される筋痛・筋損傷と酸化ストレスマーカーに与える影響.第28回日本運動生理学会大会,名護(オンラインおよびオンサイト),2021年3月.
 
小林雄晟,黒川宏美,松井裕史,小峰昇一,大森肇(誌上発表):タウリンが胃粘膜正常細胞とそのがん様変異株の増殖に及ぼす影響.第6回国際タウリン研究会日本部会,東京,2020年2月〜3月.
 
三浦征, 小峰昇一, 宮下菜緒, 時野谷勝幸, 今野雅生, 川津俊輔,大森肇(誌上発表):一過性レジスタンス運動後の血中タウリン濃度の経時的変化.第6回国際タウリン研究会日本部会,東京,2020年2月〜3月.
 
永山純礼,小峰昇一,新井紀恵,遠藤伸,大森肇(誌上発表):糖転移ヘスペリジンの摂取と長時間運動時における生体内タウリンの変化.第6回国際タウリン研究会日本部会,東京,2020年2月〜3月.
 
鳥海拓都,金雅覽,小峰昇一,三浦征,永山純礼,大森肇,長崎幸夫:高強度長時間走行に与える自己組織化抗酸化薬の効果.第69回高分子年次大会,(誌上開催),2020年5月.
 
鳥海拓都, 金雅覽, 小峰昇一, 三浦征, 永山純礼, 大森肇, 長崎幸夫:血中活性酸素種を除去する抗酸化ナノメディシンの設計と運動能力向上効果.第20回日本抗加齢医学会総会,東京(オンラインおよびオンサイト), 2020年9月.
 
鳥海拓都, 金雅覽, 小峰昇一, 三浦征, 永山純礼, 大森肇, 長崎幸夫:自己組織化抗酸化薬が高強度走行に及ぼす影響.第69回高分子討論会,盛岡(オンライン).2020年9月.
 
小峰昇一,三浦征,宮下奈緒,呉世昶,大森肇:スルフォラファン摂取がヒトの伸張性運動により誘発される筋痛・筋損傷に与える効果.第75回日本体力医学会大会,鹿児島(オンライン).2020年9月.
 
鳥海拓都, 金雅覽, 小峰昇一, 三浦征, 永山純礼, 大森肇, 長崎幸夫:高血中滞留性を持つ新規抗酸化剤による高強度走行への影響.第75回日本体力医学会大会,鹿児島(オンライン).2020年9月.
 
Komine S, Miura I, Wada S, Tamai S, Yamamoto K, Ogata A, Itho G, Matsui T, Ohmori H:Effects of electro acupuncture on muscle soreness and muscle damage.The 25th Annual congress of the European College of Sport Science, Sevilla, Spain(Online), 2020-10.
 
鳥海拓都, 金雅覽, 小峰昇一,大森肇, 長崎幸夫:自己組織化抗酸化剤は高強度の走行時間を大幅に延長する.第29回ポリマー材料フォーラム,(オンライン),2020年11月.
 
大森肇, 長崎幸夫,金雅覽, 小峰昇一,鳥海拓都,:身体運動を通じた健康・幸福社会の実現 〜適切な運動条件の設定とその評価〜.第4回茨城テックグランプリ最終選考会(ポスターセッション),つくば,2020年11月.
 
Toriumi T, Kim A, Komine S, Miura I, Nagayama S, Ohmori H, Nagasaki Y: Self-assembling polymer antioxidants amazingly improve exercise performance. 3rd G’L’owing Polymer Symposium in KANTO (GPS-K 2020), online, 2020-11.
 
小松澤里帆,伊藤崇志,宮﨑照雄,大森肇,村上茂:MALDIイメージング質量分析を用いたラットにおける運動後の筋肉中タウリンの解析,第5回国際タウリン研究会日本部会,福井県あわら市,2019年3月4日.
 
髙橋諄,小峰昇一,宮﨑照雄,時野谷勝幸,今野雅生,永山純礼,*大森肇:マウスにおける8週間の高脂肪食摂取に伴う肥満化が肝臓および白色脂肪組織のタウリン合成能に及ぼす影響,第5回国際タウリン研究会日本部会,福井県あわら市,2019年3月5日.
 
三浦征,小峰昇一,宮下菜緒,時野谷勝幸,今野雅生,川津俊輔,*大森肇:伸張性運動が血中タウリン濃度に与える影響 ,第5回国際タウリン研究会日本部会,福井県あわら市,2019年3月5日.
 
鳥海拓都,金雅覧,小峰昇一,三浦征,永山純礼,大森肇,長崎幸夫:運動能力向上を目指した抗酸化ナノメディシンの設計と評価.第68回高分子学会年次大会,大阪,2019年5月.
 
鳥海拓都,金雅覧,小峰昇一,三浦征,永山純礼,大森肇,長崎幸夫:運動能力向上を目指した抗酸化ナノメディシンの設計と評価.第72回日本酸化ストレス学会学術集会,札幌,2019年6月.
 
Miura I, Komine S, Miyashita N, Tokinoya K, Konno M, Kawazu S, Ohmori H: Is taking sulforaphane effective for eccentric exercise-induced muscle soreness and muscle damage in humans? 24th annual Congress of the European College of Sport Science, Prague, Czech Republic, 2019-7.
 
宮﨑照雄,海老名慧,大森肇,本多彰:バリン中間代謝物3-ヒドロキシイソ酪酸の脳組織内増加が運動能に及ぼす影響.第27回日本運動生理学会大会,広島,2019年8月.
 
鳥海拓都,金雅覧,小峰昇一,三浦征,永山純礼,大森肇,長崎幸夫:長時間体内滞留性を有する抗酸化ナノ粒子の投与がラット走行時間に及ぼす影響.第74回日本体力医学会大会,茨城,2019年9月.
 
小峰昇一,榊知尋,張替健志,藤井直子,坂本一志,緒方昭広,大森肇: つくばマラソン参加選手に対する鍼灸意識調査~スポーツ鍼灸の課題と展望~. 第74回日本体力医学会大会,茨城,2019年9月.
 
鳥海拓都,金雅覧,小峰昇一,三浦征,永山純礼,大森肇,長崎幸夫:自己組織化抗酸化薬による運動能力向上の評価.第9回CSJ化学フェスタ2019,東京,2019年10月.
 
鳥海拓都,金雅覧,小峰昇一,三浦征,永山純礼,大森肇,長崎幸夫:抗酸化ナノメディシンによる運動能力向上のメカニズムの解明.第28回ポリマー材料フォーラム,名古屋,2019年11月.
 
和田聖大,小峰昇一,岡田浩介,呉世昶,蕨栄治,大森肇,正田純一(デジタルポスター):継続的走運動は高脂肪食摂餌p62遺伝子欠失マウスにおける脂肪性肝炎を改善する.JDDW 2019 KOBE(第27回日本消化器関連学会週間),神戸,2019年11月.
 
鳥海拓都,金雅覧,小峰昇一,三浦征,永山純礼,大森肇,長崎幸夫:抗酸化ナノメディシンによる運動能力向上効果の検証.第41回日本バイオマテリアル学会大会,つくば,2019年11月.
 
Toriumi T,Kim A, Komine S, Miura I, Nagayama S, Ohmori H, Nagasaki Y: Design and evaluation of antioxidant-nanoparticle for improving exercise performance. 2nd G’L’owing Polymer Symposium in KANTO (GPS-K 2019),2019-11.
 
Ohmori H, Aoki K, Konno M, Honda K, Abe T, Nagata T, Takehara M: Endurance training and administration of β-hydroxy-β-methylbutyrate and black ginger prevent sarcopenia? The 7th International Conference on Food Factors, Kobe, Japan, 2019-12.
 
Nagayama S, Komine S, Arai N, Endo S, Ohmori H: Effects of glucosyl hesperidin intake on aerobic exercise capacity in rats. The 7th International Conference on Food Factors, Kobe, Japan, 2019-12.
 
海老名慧,小峰昇一,宮﨑照雄,宮川俊平,*大森肇:タウリン投与が血中インスリン濃度および血糖値に与える影響.第4回国際タウリン研究会日本部会,熊本,2018年3月.
 
松村正隆,小峰昇一,小林春輝,小林雄晟,城本淳,宮川俊平,*大森肇:肝糖新生酵素ホスホエノールピルビン酸カルボキシキナーゼを阻害したラットモデルの作製.第4回国際タウリン研究会日本部会,熊本,2018年3月.
 
大森肇, 水島隆規,時野谷勝幸,青木海,小峰昇一,今野雅生,小林雄晟,石倉恵介,宮﨑照雄,竹越一博:肥満マウスの白色脂肪組織におけるシステインジオキシゲナーゼmRNA発現に及ぼすトレーニングの影響.第4回国際タウリン研究会日本部会,熊本,2018年3月.
 
青木海,今野雅生,城本淳,時野谷勝幸,本多克成,竹越一博,*大森肇:運動及びβ-ヒドロキシ-β-メチル酪酸とブラックジンジャー投与がサルコペニアに与える影響.日本農芸化学会2018年度(平成30年度)大会,名古屋,2018年3月.
 
Ohmori H, Mizushima T, Tokinoya K, Aoki K, Komine S, Konno M, Kobayashi Y, Ishikura K, Miyazaki T, Takekoshi K: The effects of exercise training on taurine synthesis in the white adipose tissue of the obese mice. ARIHHP Human High Performance International Forum 2018, Tsukuba, Japan, 2018-3.
 
Ohmori H, Mizushima T, Tokinoya K, Aoki K, Komine S, Konno M, Kobayashi Y, Ishikura K, Miyazaki T, Takekoshi K: The effects of exercise training on taurine synthesis in the white adipose tissue of the obese mice. ARIHHP Human High Performance Collaborative Research Symposium 2018, Tsukuba, Japan, 2018-3.
 
Ohmori H, Matsumura M, Komine S, Kobayashi H, Kobayashi Y, Shiromoto J, Miyakawa S: The manufacture of rat model that inhibits phosphoenolpyruvate carboxykinase (PEPCK), a rate-limiting enzyme of hepatic gluconeogenesis. The 21st International Taurine meeting, Shenyang and Dalian, Chaina, 2018-5.
 
Ra SG, Choi Y, Akazawa N, Kawanaka K, Ohmori H, Maeda S: Effects of taurine supplementation on vascular endothelial function at rest and after resistance exercise. The 21st International Taurine meeting, Shenyang and Dalian, Chaina, 2018-5.
 
大森肇,三浦征:運動が園児の心理状態に及ぼす急性効果(仮題)〜関連研究成果の紹介〜.筑波大学・青空会・マナーキッズプロジェクト共同研究第1回検討会,あおぞら保育園,山梨県甲斐市,2018年6月16日.
 
Konno M, Aoki K, Shiromoto J, Tokinoya K, Honda K, Takekoshi K, *Ohmori H: Habitual exercise suppresses aging-related muscle atrophy. 23rd annual Congress of the European College of Sport Science, Dublin, Ireland, 2018-7.
 
Tokinoya K, Shiromoto J, Yoshida Y, Sugasawa T, Ohmori H, Takekoshi K: Influence on renalase by acute exercise and its regulatory mechanism. 23rd annual Congress of the European College of Sport Science, Dublin, Ireland, 2018-7.
 
三浦征,*大森肇,:運動が園児の心理状態に及ぼす急性効果(仮題)〜研究計画〜.筑波大学・青空会・マナーキッズプロジェクト共同研究第2回検討会,あおぞら保育園,山梨県甲斐市,2018年7月4日.
 
今野雅生,青木海,時野谷勝幸,本多克成,阿部卓哉,武原正明,*大森肇:運動とブラックジンジャーおよびβ-ヒドロキシ-β-メチル酪酸投与がサルコペニアに及ぼす影響.第26回日本運動生理学会大会,大阪,2018年7月28日.
 
宮﨑照雄,松村正隆,大森肇,本多彰:持久性運動によるバリン中間代謝物3-ヒドロキシイソ酪酸(3HIB)の骨格筋濃度の変化.第26回日本運動生理学会大会,大阪,2018年7月29日.
 
今野雅生,青木海,城本淳,時野谷勝幸,本多克成,阿部卓哉,永田岳史,武原正明,竹越一博,*大森肇:運動とブラックジンジャーおよびβ-ヒドロキシ-β-メチル酪酸投与がサルコペニアに及ぼす影響.第73回日本体力医学会大会,福井,2018年9月7日.
 
松村正隆,小峰昇一,小林春輝,小林雄晟,城本淳,宮川俊平,*大森肇:肝糖新生酵素ホスホエノールピルビン酸カルボキシキナーゼを阻害したラットモデルの作製.第73回日本体力医学会大会,福井,2018年9月7日.
 
石倉恵介,時野谷勝幸,本間花穂,朝田翔太,城本淳,吉田保子,竹越一博,大森肇:フルマラソンによる筋損傷,筋痛,後半の速度低下率における性差の影響.第73回日本体力医学会大会,福井,2018年9月8日.
 
時野谷勝幸, 城本淳, 菅澤威仁, 吉田保子, 青木海, 中川嘉, 大森肇, 竹越一博:一過性運動における骨格筋レナラーゼの変化とそのメカニズム. 第73回日本体力医学会大会,福井,2018年9月9日.
 
宮﨑照雄,中村優歩,海老名慧,羅成圭,大森肇,池上正,松﨑靖司,本多彰:N-アセチルタウリンによる骨格筋アセチルCoA量の調整.第73回日本体力医学会大会,福井,2018年9月7日.

海老名慧,小峰昇一,宮﨑照雄,宮川俊平,大森肇:タウリン投与が血中インスリン濃度および血糖値に与える影響.第73回日本体力医学会大会,福井,2018年9月8日.
 
石倉恵介,宮川俊平,竹越一博,大森 肇:ヒトへのタウリン投与が長時間運動時の血漿アミノ酸濃度に及ぼす影響.第3回国際タウリン研究会日本部会,つくば,2017年2月.
 
平 修,川崎安都紗,小野鮎子,前川 昭,伊藤崇志,宮崎照雄,城本 淳,小林春輝,大森 肇,片野 肇,村上 茂:イメージング質量分析による筋肉部位のタウリン局在解析.第3回国際タウリン研究会日本部会,つくば,2017年2月.
 
海老名 慧,小峰昇一,宮崎照雄,青木 海,城本 淳,宮川俊平,*大森 肇:長時間運動時の血糖低下をタウリン投与が抑制する機序 –ピルビン酸負荷試験による糖新生能の検討-.第3回国際タウリン研究会日本部会,つくば,2017年2月.
 
Ohmori H, Mizushima T, Yamamoto D, Ishikura K, Ebina K, Komine S, Miyazaki T, Miyakawa S: Is the decreased taurine synthesis in the white adipose tissue of the obese mice restored by exercise training? ARIHHP Human High Performance International Forum 2017, Tsukuba, Japan, 2017-3.
 
石倉恵介,朝田翔太,本間花穂,時野谷勝幸,吉田保子,城本淳,青木海,水島隆規,鍋倉賢治,竹越一博,大森肇:フルマラソン後半の速度低下率と血清筋損傷マーカーの関係.第25回日本運動生理学会大会,横浜,2017年7月.
 
大森肇,森田将平,時野谷勝幸,小峰昇一,栗田昇平,菅澤威仁,城本淳,南木融,竹越一博,向後佑香,坂本昭裕:個別プログラムをベースにしたフィットネストレーニング授業が大学生のPOMSとsCgAに及ぼす急性効果.第72回日本体力医学会大会,愛媛,2017年9月.
 
時野谷勝幸,吉田保子,菅澤威仁,星野雅也,石倉恵介,大森肇,竹越一博:一過性の長距離走中における血中レナラーゼ濃度の変化.第72回日本体力医学会大会,愛媛,2017年9月.
 
Tokinoya K, Yoshida Y, Sugasawa T, Aita Y, Shiromoto J, Aoki K, Ohmori H, Takekoshi K: Renalase might regulate catecholamine by skeletal muscle during exercise. 第22回静岡健康・長寿学術フォーラム,静岡,2017年11月.
 
Ohmori H, Yamamoto D, Ebina K, Ishikura K, Komine S, Miyazaki T, Ono T, Miyakawa S: Is the lower taurine levels in the white adipose tissue of the obese mice ameliorated by endurance training? The 20th International Taurine meeting, Seoul, Korea, 2016-5.
 
Miyazaki T, Nakamura Y, Ebina K, Mizushima T, Ra SG, Ishikura K, Matsuzaki Y, Ohmori H, Honda A: The role of N-acetyltaurine on the normalization of energy metabolism balance in the skeletal muscle after endurance exercise. The 20th International Taurine meeting, Seoul, Korea, 2016-5.
 
Ohmori H, Yamamoto D, Ebina K, Ishikura K, Komine S, Miyazaki T, Ono T, Miyakawa S: Is the lowering of taurine levels in the white adipose tissue of the obese mice improved by endurance training? Human High Performance International Forum 2016, Tsukuba, Japan, 2016-3.
 
Mizushima T, Miyazaki T, Ebina K, Ishikura K, Ono T, Komine S, Nakamura Y, Tokinoya K, Yamamoto D, Honda A, Matsuzaki Y, Miyakawa S, *Ohmori H: The effect of taurine supplementation on beta-oxidation in skeletal muscle during prolonged exercise -examination using serum acetyl-carnitine- The 20th International Taurine meeting, Seoul, Korea, 2016-5.
 
Tokinoya K, Ishikura K, Ebina K, Kawaguchi Y, Mizushima T, Miyakawa S, Nabekura Y, *Ohmori H: Dynamics of skeletal muscle damage markers in the blood and characteristics associated with full marathon-induced immediate onset muscle soreness. 20th Annual Congress of the European College of Sport Science, Vienna, Austria, 2016-7.
 
海老名 慧,山本大介,石倉恵介,小峰昇一,宮崎照雄,大野貴弘,宮川俊平,*大森 肇:肥満マウスの白色脂肪組織におけるタウリン濃度の低下は持久性トレーニングで抑制されるか.第2回国際タウリン研究会日本部会, 福井,2016年3月.
 
羅 成圭,崔 英珠,赤澤暢彦,大森 肇,前田清司:タウリンと血管内皮機能.第2回国際タウリン研究会日本部会, 福井,2016年3月.
 
中村優歩,宮崎照雄,大野貴弘,羅 成圭,海老名 慧,菅澤威仁,竹越一博,宮川俊平,本多 彰,松崎靖司,*大森 肇:高強度持久性運動による骨格筋N-アセチルタウリンの増加.第2回国際タウリン研究会日本部会, 福井,2016年3月.
 
石倉恵介,中村祐介,辻 明宏,宮﨑照雄,宮川俊平,大森 肇:トレーニングと食事制限下のタウリン投与が体重,骨格筋湿重量および骨格筋アミノ酸濃度変化に及ぼす影響.第2回国際タウリン研究会日本部会, 福井,2016年3月.

時野谷勝幸,羅 成圭,吉田一也,吉田保子,松村正隆,竹越一博,*大森 肇:高強度伸張性運動後の筋痛・筋損傷に対する繰り返し効果と炎症・発痛物質の関与.第24回日本運動生理学会大会,熊本,2016年7月.
 
宮崎照雄,羅 成圭,海老名 慧,竹越一博,宮川俊平,大森 肇:持久性運動後の酢酸に対するタウリンの生理的役割.第24回日本運動生理学会大会,熊本,2016年7月.
 
海老名 慧,小峰昇一,大野貴弘,時野谷勝幸,石倉恵介,松井 崇,羅 成圭,宮崎照雄,宮川俊平,征矢英昭,*大森肇:長時間運動時の血糖低下をタウリン投与が抑制する機序 −肝糖新生に着目して−.第7回生命機能研究会,京都,2016年8月.
 
Morita S, Komine S, Kurita S, Tokinoya K, Shiromoto J, Sugasawa T, Nanmoku T, Takekoshi K, Kogo Y, Sakamoto A, *Ohmori H: Does a fitness training class make mood states in university students better? -An assessment by using the Profile of Mood States and salivary chromogranin A-. 第7回生命機能研究会,京都,2016年8月.
 
水島隆規,宮崎照雄,海老名 慧,石倉恵介,大野貴弘,小峰昇一,中村優歩,時野谷勝幸,山本大介,本多 彰,松崎靖司,宮川俊平,*大森肇:タウリン投与が長時間運動時の骨格筋におけるβ酸化に及ぼす影響 -血中アセチルカルニチンによる検討-. 第7回生命機能研究会,京都,2016年8月.
 
大森 肇(フラッシュトーク): 筑波大学体育系運動生化学大森研究室紹介.第7回生命機能研究会,京都,2016年8月.
 
青木 海,*大森 肇:サプリメントと運動による筋萎縮の予防. 栄養学若手研究者の集い・第50回サマーセミナー,東京,2016年8月.
 
時野谷勝幸,石倉恵介,羅 成圭,吉田保子,城本 淳,青木 海,森田将平,青柳 篤,鍋倉賢治,竹越一博,*大森 肇:長距離走中の早発性筋痛における筋損傷と炎症の経時的変化.第71回日本体力医学会大会,岩手,2016年9月.
 
城本 淳,渡邊大輝,*大森 肇,和田正信:筋グリコーゲン量の増加が筋小胞体Ca2+-ATPaseのタンパク量に及ぼす影響.第71回日本体力医学会大会,岩手,2016年9月.
 
海老名 慧,山本大介,石倉恵介,小峰昇一,宮﨑照雄,大野貴弘,宮川俊平,*大森 肇:マウスの白色脂肪組織中タウリン濃度に及ぼす肥満と持久性トレーニングの影響.第71回日本体力医学会大会,岩手,2016年9月.
 
大森 肇,大野貴弘,海老名 慧,時野谷勝幸,宮崎照雄,鈴木貴視,西村明仁,宮川俊平:L-シトルリン投与が高強度走運動パフォーマンスに及ぼす効果.第71回日本体力医学会大会,岩手,2016年9月.
 
Ohmori H, Yamamoto D, Ebina K, Ishikura K, Komine S, Miyazaki T, Ono T, Miyakawa S: Is the lowering of taurine levels in the white adipose tissue of the obese mice improved by endurance training? 筑波大学体育系ヒューマン・ハイ・パフォーマンス先端研究センター(ARIHHP)設置記念フォーラム,つくば,2016年3月.
 
Morita S, Komine S, Kurita S, Tokinoya K, Shiromoto J, Sugasawa T, Nanmoku T, Takekoshi K, Kogo Y, Sakamoto A, *Ohmori H: Does a fitness training class make mood states in university students better? -An assessment by using the Profile of Mood States and salivary chromogranin A-. 第7回生命機能研究会,京都,2016年8月.
 
時野谷勝幸, 石倉恵介, 菅澤威仁, 羅 成圭, 吉田保子, 城本 淳, 青木 海, 森田将平, 青柳 篤, 鍋倉賢治, 竹越一博,*大森 肇:長距離走中の酸化ストレスマーカーおよび抗酸化力の経時的変化.第69回日本酸化ストレス学会学術集会,仙台,2016年8月.
 
宮崎照雄,羅 成圭,石倉恵介, 宮川俊平,松崎靖司,本多 彰,大森 肇:分岐鎖アミノ酸(BCAA)摂取後の運動による血中β-hydroxy-β-methylbutyrate(3HMB)濃度の上昇.第71回日本体力医学会大会,岩手,2016年9月.
 
Morita S, Komine S, Kurita S, Tokinoya K, Shiromoto J, Sugasawa T, Shiromoto J, Nanmoku T, Takekoshi K, Kogo Y, Sakamoto A, *Ohmori H: Does a fitness training class make mood states in university students better? – An assessment by using Profile of Mood State and salivary chromogranin A -. 第21回静岡健康・長寿学術フォーラム,静岡,2016年11月.
 
海老名慧,小峰昇一,大野貴弘,時野谷勝幸,石倉惠介,松井 崇,羅 成圭,宮﨑照雄,宮川俊平,征矢英昭,大森 肇(口頭発表):長時間運動時の遊離アミノ酸の動態にタウリン投与が及ぼす影響.第8回脳・神経・内分泌系から運動の意義を考える会,和歌山,2016.9.
 
石倉惠介,時野谷勝幸,海老名慧,小峰昇一,川口優大,黒岩貴信,水島隆規,山本大介,鍋倉賢治,宮川俊平,大森 肇(口頭発表):経験の違いがフルマラソン後の筋損傷・炎症マーカーならびに筋肉痛に及ぼす影響.第70回日本体力医学会大会,和歌山,2016.9.
 
海老名慧,小峰昇一,大野貴弘,時野谷勝幸,石倉惠介,松井 崇,羅 成圭,宮﨑照雄,宮川俊平,征矢英昭,大森 肇(口頭発表):長時間運動時の遊離アミノ酸の動態にタウリン投与が及ぼす影響.第70回日本体力医学会大会,和歌山,2016.9.
 
大野貴弘,海老名慧,時野谷勝幸,小峰昇一,鈴木貴視,西村明仁,宮川俊平,大森 肇(口頭発表):L-シトルリン投与がラットの走運動パフォーマンスに及ぼす影響 〜中強度運動と高強度運動での比較〜.第70回日本体力医学会大会,和歌山,2016.9.
 
時野谷勝幸,石倉惠介,海老名慧,小峰昇一,羅 成圭,川口優大,黒岩貴信,水島隆規,山本大介,鍋倉賢治,宮川俊平,大森 肇(口頭発表):フルマラソンにおける遅発性筋痛および筋損傷の特徴.第70回日本体力医学会大会,和歌山,2016.9.
 
羅 成圭,崔 英珠,赤澤暢彦,大森 肇,前田清司(ポスター発表):タウリン摂取が一過性伸張性運動後の非運動肢血管内皮機能に及ぼす影響.第70回日本体力医学会大会,和歌山,2016.9.
 
宮﨑照雄,石倉惠介,本多 彰,羅 成圭,宮本和宣,小峰昇一,宮川俊平,大森 肇,松崎靖司(口頭発表):持久性運動によるアセチルタウリンの生成.第1回国際タウリン研究会日本部会,神戸,2015.2.

羅 成圭,崔 英珠,赤澤暢彦,大森 肇,前田清司(口頭発表):タウリン摂取は伸張性レジスタンス運動後の遅発性筋肉痛と動脈スティフネスの増加を抑制する.第1回国際タウリン研究会日本部会,神戸,2015.2.
 
石倉惠介,宮﨑照雄,松坂 賢,羅 成圭,竹越一博,宮川俊平,大森 肇,松崎靖司(口頭発表):長時間持久性パフォーマンスに及ぼすタウリン投与の影響.第1回国際タウリン研究会日本部会,神戸,2015.2.
 
大森 肇,小峰昇一,三好貴士,松井 崇,石倉惠介,羅 成圭,宮﨑照雄,正田純一,宮川俊平,征矢英昭(口頭発表):長時間運動の持続時間と血糖レベルの関係に及ぼすタウリン投与の影響.第1回国際タウリン研究会日本部会,神戸,2015.2.
 
海老名 慧,小峰昇一,大野貴弘,時野谷勝幸,石倉惠介,松井 崇,羅 成圭,宮﨑照雄,宮川俊平,征矢英昭,大森 肇(ポスター発表):長時間運動時の血糖低下をタウリン投与が抑制する機序 〜遊離アミノ酸を基質とした糖新生からの検討〜.第1回国際タウリン研究会日本部会,神戸,2015.2.
 
時野谷勝幸,石倉惠介,小峰昇一,海老名慧,羅 成圭,宮﨑照雄,宮川俊平,大森 肇(口頭発表):運動様式の違いによって生じる遅発性と速発性の筋痛・筋損傷の違い ~伸張性運動とフルマラソンによる検討~.第23回日本運動生理学会大会,東京,2015.7.
 
海老名慧,小峰昇一,大野貴弘,時野谷勝幸,石倉惠介,松井 崇,羅 成圭,宮﨑照雄,宮川俊平,征矢英昭,大森 肇(口頭発表):長時間運動時の血糖低下をタウリン投与が抑制する機序 〜遊離アミノ酸を基質とした糖新生からの検討〜.第23回日本運動生理学会大会,東京,2015.7.
 
Miyazaki T, Ishikura K, Honda A, Ra SG, Ohmori H and Matsuzaki Y (Oral Presentation): Serum concentrations of 3-hydroxyisobutyrate and 3-hydroxy-3-methylbutyrate as skeletal muscular BCAA metabolites in endurance exercise. The 14th International Congress on Amino Acids, Peptides and Proteins, Vienna, Austria, 2015.8.
 
Ohmori H(Symposium Speaker): Combined effect of branched-chain amino acids and taurine intake on delayed onset muscle soreness and muscle damage in high-intensity eccentric exercise. Symposium of Sports Nutrition. The 7th Asia Pacific Conference on Exercise and Sports Science, Faridabad, India, 2015.10.
 
Ohmori H(Chairperson of Plenary Session): Session VIII: Health promotion with exercise training and socio educational needs. The 7th Asia Pacific Conference on Exercise and Sports Science, Faridabad, India, 2015.10.
 
Miyazaki T, Ishikura K, Honda A, Ra SG, Komine S, Ohmori H and Matsuzaki Y (Poster presentation) : Increased N-acetyltaurine in serum and urine after endurance exercise in human. The 19th International Taurine Meeting, Krakow, Poland, 2014.5.
 
Ohmori H, Miyoshi T, Komine S, Matsui T, Ishikura K, Ra SG, Miyazaki T, Soya H and Miyakawa S (Oral presentation): Effects of taurine supplementation on change of blood glucose and liver glycogen during and after exhaustive running. The 19th International Taurine Meeting, Krakow, Poland, 2014.5.
 
Komine S, Miyoshi T, Matsui T, Ishikura K, Ra SG, Miyazaki T, Shoda J, Soya H and Ohmori H (Oral presentation):Taurine supplementation suppresses hypoglycemia and increases endurance running time in rats. The 19th International Taurine Meeting, Krakow, Poland, 2014.5.
 
Ra SG, Akazawa N, Choi Y, Matsubara T, Oikawa S, Tanahashi K, Kumagai H, Ohmori H and Maeda S (Poster presentation): Taurine supplementation decreases delayed onset muscle soreness but not muscle damage induced by high intense eccentric exercise. The 19th International Taurine Meeting, Krakow, Poland, 2014.5.
 
Ra SG, Choi Y, Akazawa N, Ohmori H and Maeda S (Poster presentation) : Taurine supplementation attenuates increase in arterial stiffness following high intense eccentric exercise. The 19th Annual Congress of the European College of Sport Science, Amsterdam, Netherlands, 2014.7.
 
Ohmori H (Invited speaker) : Taurine supplementation inhibits hypoglycemia during prolonged exercise and extends exercise time to exhaustion in rats. Symposium of High Performance Foods and Beverages, Agricultural and Food Chemistry Division, the 248th American Chemical Society National Meeting & Exposition, San Francisco, USA, 2014.8.
 
時野谷勝幸,杉山康司,大森 肇(口頭発表):相対強度を同一にしたノルディックウォーキングおよびウォーキングにおける主観的運動強度の比較.第69回日本体力医学会大会,長崎,2014.9.
 
石倉惠介,小峰昇一,羅 成圭,宮﨑照雄,宮川俊平,大森 肇(口頭発表):分岐鎖アミノ酸投与がフルマラソン後の酸化ストレス・抗酸化力へ及ぼす影響 - 2重盲検法による検討 -.第69回日本体力医学会大会,長崎,2014.9.
 
羅 成圭,崔 英珠,赤澤暢彦,大森 肇,前田清司(口頭発表):タウリン摂取は伸張性運動後の動脈スティフネスと酸化ストレスの増加を抑制する.第69回日本体力医学会大会,長崎,2014.9.
 
宮﨑照雄,石倉惠介,本多 彰,宮川俊平,大森 肇,松崎靖司(口頭発表):長時間運動によるロイシン中間代謝産物3−ヒドロキシイソ吉草酸(3HMB)の血中濃度変化と分岐鎖アミノ酸(BCAA)摂取の影響.第69回日本体力医学会大会,長崎,2014.9.
 
大森 肇,坂本昭裕:第3部 カリキュラム実践の評価 (司会).筑波大学体育センターフォーラム 大学体育の新時代に向かって,東京,2013.2.
 
大森 肇:G3 プロジェクトのこれまでの取り組みについて.第3部 カリキュラム実践の評価,筑波大学体育センターフォーラム 大学体育の新時代に向かって,東京,2013.2.
 
羅 成圭,小峰昇一,石倉恵介,宮川俊平,宮崎照雄,大森 肇:BCAA摂取タイミングの違いによる遅発性筋肉痛の抑制効果の違い.第21回日本運動生理学会大会,川越,2013.7.
 
小峰昇一,石倉恵介,松井 崇,羅 成圭,宮崎照雄,宮川俊平,征矢英昭,大森 肇:長時間走行の持続時間と血糖値へのタウリン投与の影響. 第21回日本運動生理学会大会,川越,2013.7.
 
石倉恵介,小峰昇一,羅 成圭,宮崎照雄,大森 肇:分岐鎖アミノ酸投与によるマラソン後の筋損傷と筋肉痛抑制効果. 第21回日本運動生理学会大会,川越,2013.7.
 
石倉恵介,小峰昇一,羅 成圭,宮崎照雄,大森 肇:分岐鎖アミノ酸投与がフルマラソン誘発性の血漿遊離アミノ酸濃度変化に及ぼす影響. 第68回日本体力医学会大会,東京,2013.9.
 
小峰昇一,石倉恵介,松井 崇,羅 成圭,宮崎照雄,宮川俊平,征矢英昭,大森 肇:タウリン投与が走運動時の糖新生関連酵素に及ぼす影響. 第68回日本体力医学会大会,東京,2013.9.
 
大森 肇:ワークショップ15 身体活動増進の取り組み(座長),第68回日本体力医学会大会,東京,2013.9.
 
大城戸道生, 神谷全人, 綿引清勝, 渡邊百合子, 南木 融, 竹越一博, 大森 肇:小学生への運動介入が運動有能感とストレス状態に及ぼす影響 —唾液クロモグラニンAからの検討—.ワークショップ15「身体活動増進の取り組み」,第68回日本体力医学会大会,東京,2013.9.
 
大森 肇:タンパク・ペプチド成分摂取(座長).第68回日本体力医学会大会,東京,2013.9.
 
Ra S-G, Miyazaki T, Ishikura K, Nagayama H, Suzuki T, Maeda S, Ito M, Matsuzaki Y and Ohmori H:Additional effects of taurine on the benefits of BCAA intake for the delayed-onset-muscle-soreness and muscle-damage induced by high-intense eccentric exercise. The 18th International Taurine Meeting, Marrakesh, Morocco, 2012. 4.
 
石倉恵介,宮崎照雄,羅 成圭,大森 肇:分岐鎖アミノ酸(BCAA)製剤服用の水泳競技・フルマラソン後の筋肉痛に対する軽減効果.第20回日本運動生理学会大会,つくば,2012.7.
 
大森 肇:三谷サスケ体徳知育プロジェクトの展開(シンポジウム① キッズフィットネスとヘルスプロモーション).第60回日本教育医学会記念大会,つくば,2012.8.
 
大森 肇,神谷全人,綿引清勝,渡邊百合子,大城戸道生,中嶋勇太,齋藤まゆみ,南木 融,竹越一博、川上 康:相互評価を重視した校庭遊具サーキットが児童の体力,運動有能感,ストレス応答に及ぼす影響.第67回日本体力医学会大会,岐阜,2012.9.
 
石倉恵介,鈴木隆文,小峰昇一,宮崎照雄,大森 肇:成長が異なる筋線維組成の骨格筋アミノ酸濃度変化に及ぼす影響.第67回日本体力医学会大会,岐阜,2012.9.
 
小峰昇一,石倉恵介,鈴木隆文,松井 崇,羅 成圭,宮崎照雄,宮川俊平,征矢英昭,大森 肇:長時間運動中の血糖低下をタウリン投与により抑制するラットモデルの作製.第67回日本体力医学会大会,岐阜,2012.9.
 
鈴木隆文,小峰昇一,宮崎照雄,石倉恵介,中 彩乃,松坂 賢,宮川俊平,島野 仁,大森 肇:長期の運動トレーニングによるラット骨格筋HSP72発現増加に抗酸化物質投与が及ぼす影響.第67回日本体力医学会大会,岐阜,2012.9.
 
宮崎照雄,羅 成圭,本多 彰,石倉恵介,宮川俊平,大森 肇,松崎靖司:骨格筋分岐鎖アミノ酸異化マーカーとしての血中3-ハイドロキシイソ酪酸測定の有用性.第67回日本体力医学会大会,岐阜,2012.9.
 
小峰昇一,石倉恵介,鈴木隆文,松井 崇,羅 成圭,宮崎照雄,宮川俊平,征矢英昭,大森 肇:長時間運動中の血糖低下をタウリン投与により抑制するラットモデルの作製.第5回脳・神経・内分泌系から運動の意義を考える会,岐阜,2012.9.
 
Ohmori H, Aoki D, Ishikura K, Ra S-G, Suzuki T, Komine S, Okido M and Miyazaki T: Influence of increased blood ammonia by long duration running on the performance of calculation task (Minisymposium). The 12th International Congress on Amino Acids, Peptides and Proteins, Beijing, 2011. 8.
 
Ra S-G, Miyazaki T, Ishikura K, Suzuki T, Maeda S, Miyakawa S, Matsuzaki Y and Ohmori H: The combined effect of taurine with BCAA on the delayed-onset-muscle-soreness and damages after eccentric exercise -a double-blind study- (Minisymposium). The 12th International Congress on Amino Acids, Peptides and Proteins, Beijing, 2011. 8.
 
Ra S-G, Miyazaki T, Ishikura K, Suzuki T, Maeda S, Miyakawa S, Matsuzaki Y and Ohmori H: The combined effect of taurine with BCAA on the delayed-onset-muscle-soreness and damages after eccentric exercise -a double-blind study-. The 12th International Congress on Amino Acids, Peptides and Proteins, Beijing, 2011. 8.
 
石倉恵介,宮崎照雄,羅 成圭,大森 肇:トレーニング期の食事制限がラット骨格筋アミノ酸濃度変化に及ぼす影響.第66回日本体力医学会大会,山口,2011.9.
 
渡邊百合子,大森 肇:小学校高学年児童における冬季の跳躍トレーニングが跳躍パフォーマンス、感情、唾液ストレスマーカーに及ぼす影響.第66回日本体力医学会大会,山口,2011.9.
 
羅 成圭,宮崎照雄,石倉恵介,鈴木隆文,前田清司,宮川俊平,大森 肇:タウリンとBCAAの併用摂取による伸張性運動前後の血漿アミノ酸濃度の変化.第66回日本体力医学会大会,山口,2011.9.
 
大森 肇,石倉恵介,宮崎照雄,羅 成圭,小峰昇一,宮川俊平:運動後のラット骨格筋アミノ酸濃度に及ぼすタウリン投与の影響と濃度依存性.第66回日本体力医学会大会,山口,2011.9.
 
大森 肇:杉並区立三谷小学校学校運営協議会の取り組み(事例発表),すぎなみ教育シンポジウム,東京,2010.3.
 
大森 肇,小俣幸嗣,山田幸雄,坂本昭裕,平山素子,本間三和子,安藤真太郎,鍋山隆弘,小田 梓,武田 剛,津田龍佑:グループ3報告 再構築モデルの実践と評価に向けて.<パネルディスカッション「大学体育モデルの再構築を目指して」.シンポジウムⅣ「スポーツ教育におけるリノベーション」>,スポーツ科学イノベーションフォーラム,つくば,2010.3.
 
田中喜代次,大森 肇:運動強度と呼吸・循環・代謝・筋骨格系.運動生理学専門分科会シンポジウム(司会).日本体育学会第61回大会,豊田,2010. 8.
 
石倉恵介,松坂 賢,宮崎照雄,宮川俊平,大森 肇:タウリン投与がラット骨格筋遺伝子発現へ及ぼす影響. 第65回日本体力医学会大会,市川,2010. 9.
 
羅 成圭,宮崎照雄,石倉恵介,大森 肇:一定期間のBCAAとタウリンの併用投与が伸張性運動後の筋痛に及ぼす効果. 第65回日本体力医学会大会,市川,2010. 9.
 
大森 肇,石倉恵介,大城戸道生:礼法指導を伴うテニス教室が子供の感情とストレスマーカーに及ぼす影響.第64回日本体力医学会大会,新潟,2009. 9.
 
大城戸道生,石島道邦,竹越 一博,鍋倉賢治,大森 肇:中高齢者のストレス緩和に及ぼす中強度運動の影響. 第64回日本体力医学会大会,新潟,2009. 9.
 
石倉恵介,宮川俊平,宮崎照雄,松坂 賢,大森 肇:ラット長時間走行に及ぼすタウリン投与の影響. 第64回日本体力医学会大会,新潟,2009. 9.
 
向井直樹,緒方知徳,町田正直,山内さつき,池宗佐知子,竹村雅裕,白木 仁,宮川俊平,大森 肇:筋打撲損傷後におけるHSP72の変化. 第64回日本体力医学会大会,新潟,2009. 9.
 
大澤 真,大森 肇,町田正直,池宗佐知子,緒方知徳,石倉恵介,武政 徹,宮川俊平:超音波刺激の温熱効果によるラット骨格筋Heat Shock Protein発現量の増加. 第64回日本体力医学会大会,新潟,2009. 9.
 
石倉恵介,宮川俊平,矢田部佳久,竹越一博,大森 肇:長時間運動に伴う血糖低下に及ぼすタウリン投与の影響とその機序 ム動物モデルによる検討ム.第63回日本体力医学会大会,別府,2008.9.
 
窪田辰政, 田中秀幸,大森 肇,田崎健太郎,宗像恒次:中学生における運動行動の変容段階と運動セルフ・エフィーカシーの関連.第14回日本精神保健社会学会学術大会,東京,2008. 11.
 
Yatabe Y, Adachi T, Miyakawa S and Ohmori H : Effects of taurine for the exercise-induced muscular DNA damages. 10th Congress of the Asian Federation of Sports Medicine, Pattaya,Thailand, 2007. 10.
 
Yatabe Y, Miyakawa S,Ohmori H and Adachi T : Effects of taurine administration on exercise. The 16th International Taurine Meeting, Shimoda,Japan, 2007. 9.
 
大森 肇,中垣浩平:長時間走運動による血中アンモニアの上昇が加算作業成績に及ぼす影響.第62回日本体力医学会大会,秋田,2007.9.
 
石倉恵介,宮川俊平,矢田部佳久,竹越一博,大森 肇:長時間運動に伴う血糖低下に及ぼすタウリン投与の影響.第62回日本体力医学会大会,秋田,2007.9.
 
Yatabe Y, Miyakawa S and Ohmori H : Effects of taurine administration for the exercise-induced myotrauma. 9th Congress of the Asian Federation of Sports Medicine, Riyadh, Saudi Arabia, 2006. 11.

竹越一博, 磯部和正, 川上 康, 大森 肇:慢性運動の脂肪および肝AMP-activated protein kinase (AMPK)活性に対する影響.第38回日本臨床検査自動化学会,神戸,2006.10.
 
大森 肇,石倉恵介,緒方知徳,木須久智,山崎慎介,竹越一博:持久性運動に伴う血中遊離トリプトファン/分岐鎖アミノ酸比の変化と加算作業効率の関係.第61回日本体力医学会大会,神戸,2006.9.
 
安達尚子,矢田部佳久,宮川俊平,向井直樹,白木 仁,竹村雅裕,大森 肇:筋疲労に対するタウリンの投与効果.第61回日本体力医学会大会,神戸,2006.9.
 
木須久智,石倉恵介,緒方知徳,山崎慎介,竹越一博,川上 康,大森 肇:レジスタンス運動が眼圧に及ぼす影響.第61回日本体力医学会大会,神戸,2006.9.
 
木内貴博,大鹿哲郎,木須久智,大森 肇:筋力トレーニングが眼圧に及ぼす影響.第17回日本緑内障学会,神戸,2006.9.
 
大森 肇,野口克彦:持久的走運動の後半部における高強度走運動時のパフォーマンス発揮率に関与する生理学的要因.日本体育学会第56回大会,つくば,2005.11.
 
大城戸道生,大森 肇:温泉地滞在と有酸素運動が健康指標に及ぼす影響-クロスオーバー法による検討-.日本体育学会第56回大会,つくば,2005.11.
 
矢田部佳久,宮川俊平,大森 肇,白木 仁,向井直樹.竹村雅裕,三島 初,屋嘉育男:筋疲労・筋障害に対するタウリンの投与効果.第60回日本体力医学会大会,倉敷,2005.9.
 
曾 勤,磯部和正,大森 肇,竹越一博,川上 康:強度運動負荷のラット血中アディポネクチンレベルへの影響.第48回日本糖尿病学会年次学術集会,神戸,2005.5.
 
緒方知徳,大石康晴,大森 肇:甲状腺ホルモン(T3)投与が代償性肥大骨格筋のHSP72発現に及ぼす影響.第59回日本体力医学会大会,さいたま,2004.9.
 
寺本 圭,澤入正通,後藤悠生,白木 仁,大森 肇:筋力トレーニング歴が筋力発揮中の大脳皮質活動に及ぼす影響.第59回日本体力医学会大会,さいたま,2004.9.

泉水宏臣,山口英峰,大森 肇,小野悠介,永富良一:伸張性収縮後に観察される細胞膜修復タンパクの移動.第59回日本体力医学会大会,さいたま,2004.9.
 
中垣浩平,吉岡利貢,大森 肇,鍋倉賢治:レーシングカヤックにおけるストローク頻度とパフォーマンスの関係.第59回日本体力医学会大会,さいたま,2004.9.
 
Ogata T, Oishi Y and Ohmori H : HSP72 in fetal and developing rat skeletal muscles. The 51st Annual Meeting of the American College of Sports Medicine, Indianapolis, 2004. 6.
 
Ohmori H, Sawairi M, Teramoto K and Kuroda Y : Influence of acute exercise on the efficiency of addition task:an optical topography study. The 51st Annual Meeting of the American College of Sports Medicine, Indianapolis, 2004. 6.
 
大森 肇,後藤悠生,杉浦隆夫,寺本 圭:幼児期の言語発達に及ぼす慢性的模倣運動の影響.第58回日本体力医学会大会,静岡,2003.9.
 
泉水宏臣,小野悠介,大森 肇,永富良一:マウス骨格筋損傷時における間質液カリウム濃度の電極法による測定.第58回日本体力医学会大会,静岡,2003.9.
 
寺本 圭,後藤悠生,青木大輔,澤入正通,大森 肇:急性模倣運動によるブローカ野の活性化〜光トポグラフィーによる検討〜.第58回日本体力医学会大会,静岡,2003.9.
 
神崎恒二,引原有輝,ラファマンタナンツー ウビ ハシナ,吉武 裕,大森 肇,齊藤愼一:青少年における簡易エネルギー消費量測定法の検討.第58回日本体力医学会大会,静岡,2003.9.
 
緒方知徳,大石康晴,大森 肇:共同筋切除による代償性肥大へのサイクロスポリンA投与の影響 .第58回日本体力医学会大会,静岡,2003.9.
 
澤入正通,寺本 圭, 黒田祐介,大森 肇:加算作業の効率に及ぼす一過性運動の影響とその機序〜光トポグラフィーによる検討〜.第58回日本体力医学会大会,静岡,2003.9.
 
鯵坂隆一,勝田 茂,田中美智子,馬場紫乃,大森 肇,渡辺重行,山口 巌:高高齢者(後期高齢アスリート)の全身持久性体力の経年変化.第57回日本体力医学会大会,高知,2002.9.
 
緒方知徳,大石康晴,大森 肇:ラット骨格筋発育過程における熱ショックタンパク質72発現とミオシン重鎖成分の変化.第57回日本体力医学会大会,高知,2002.9.23.
 
大森 肇,権藤雄一,澤入正通,:「楽な」ジョギングが連続加算作業量に及ぼす影響.第10回日本運動生理学会大会,つくば,2002.7.
 
川島(馬場)紫乃,大森 肇,田中美智子,渡辺信晃,寺本 圭,澤入正通,久野譜也,鯵坂隆一,勝田 茂:高高齢エリートアスリートにおける身体能力と日常活動量の関係.第10回日本運動生理学会大会,つくば,2002.7.
 
Ohmori H, Kume T, Sasaki K, Ohyama K B, Kuno S, Takahashi H, Itai Y, Okada M, and Katsuta S : Low-frequent isometric training at intervals of 2 weeks increases muscle strength. The 49th Annual Meeting of the American College of Sports Medicine, St. Louis, 2002. 5-6.
 
Sasaki K, Teramoto K, Ohyama K B, Kuno S, Okada M, Katsuta S and Ohmori H : Early phase adaptations to resistance training were maintained after 8 weeks of detraining. The 49th Annual Meeting of the American College of Sports Medicine, St. Louis, 2002. 5-6.
 
家光素行,宮内 卓,前田清司,田辺 匠,大森 肇,松田光生:老齢期からの運動トレーニングは心機能に関与する遺伝子発現の加齡変化を改善する.日本体育学会第52回大会,札幌,2001.9.
 
大森 肇 , 勝田 茂:低強度および中強度の自転車エルゴメーター運動が知的作業能力に及ぼす影響.第56回日本体力医学会大会,仙台,2001. 9. 
 
田中美智子,勝田 茂 , 大森 肇:60分間最大下自転車運動中に見られる血中アンモニア濃度の上昇とpedaling rateの関係.第56回日本体力医学会大会,仙台,2001. 9.
 
澤入正通,大森 肇,祝原 豊,杉山康司:高強度運動時における主働筋内総ヘモグロビン量に及ぼす筋内圧の影響.第56回日本体力医学会大会,仙台,2001. 9.
 
家光素行,宮内 卓,前田清司,田辺 匠,大森 肇,松田光生:老齢期からの運動トレーニングによる心臓の脂質代謝能力の改善に遺伝子レベルでの調節が関与する.第56回日本体力医学会 大会,仙台,2001. 9.
 
緒方知徳,大石康晴,大森 肇:骨格筋再生過程における熱ショックタンパク質72の変化. 第56回日本体力医学会大会,仙台,2001. 9.
 
寺本 圭,佐々木一茂,大山卞圭悟,久野譜也,岡田守彦,勝田 茂,大森 肇:神経・筋記憶は長期間残存する.第56回日本体力医学会大会,仙台,2001. 9.
 
佐々木一茂,寺本 圭,大山卞圭悟,久野譜也,岡田守彦,勝田 茂,大森 肇:筋力トレーニング初期における神経系の適応とその維持.第56回日本体力医学会大会,仙台,2001. 9.
 
田辺 匠,前田清司,家光素行,大森 肇,宮内 卓,松田光生:水泳トレーニングは加齡に伴い低下する内皮型一酸化窒素合成酵素の遺伝子発現を改善する -SATプロジェクト44-.第9回日本運動生理学会大会,横浜,2001.7-8.
 
家光素行,宮内 卓,前田清司,田辺 匠,大森 肇,松田光生:加齡および老齢期からの運動トレーニングによる心臓での心血管調節因子の遺伝子発現の検討.第9会日本運動生理学会大会,横浜,2001.7-8.
 
馬場紫乃,大島利夫,安田俊広,金 俊東,久野譜也,高橋英幸,大森 肇,勝田 茂 :高高齢女性エリートアスリートの身体能力.第55回日本体力医学会大会,富山,2000. 9.
 
家光素行,宮内 卓,前田清司,田辺 匠,入鹿山容子,大森 肇,松田光生,山口 巌:慢性運動は加齡による心臓エネルギー代謝機能の低下を改善する.第55回日本体力医学会大会,富山,2000. 9.
 
岩崎朋之,大島利夫,勝田 茂 , 大森 肇:Biodex Stability Systemにおける動的バランストレーニングの効果.第55回日本体力医学会大会,富山,2000. 9. 
 
相馬 卓,和田健一,勝田 茂 , 大森 肇:成長期のラットにおける腱肥大と筋肥大の関連性.第55回日本体力医学会大会,富山,2000. 9.
 
大森 肇,久米俊郎,佐々木一茂,大山卞圭悟,高橋英幸,岡田守彦,勝田 茂:低頻度のアイソメトリックトレーニングが筋力発揮に及ぼす影響.第55回日本体力医学会大会,富山,2000. 9.
 
松坂 賢,桜井 武,後藤勝年,勝田 茂, 大森 肇:中強度の走行運動はオレキシンニューロンを活性化させる. 第55回日本体力医学会大会,富山,2000. 9.
 
大森 肇:運動とオレキシン(指定演題).第4回高所トレーニング国際シンポジウム2000上山,上山,2000.7.
 
大森 肇,松坂 賢,南部忠洋,後藤勝年,勝田 茂,柳沢正史,桜井 武:運動が視床下部オレキシンニューロンの活性化に及ぼす影響.第2回オレキシン研究会,東京,2000.2.
 
渡邉彰人,久米俊郎,大山卞圭悟,佃 文子,高橋英幸,勝田 茂, 大森 肇:神経・筋でのトレーニング効果は記憶される-再トレーニングに対する筋力増加応答の検討-. 日本運動生理学会第7回大会,東京,1999. 10.
 
萩原直樹,大森 肇,大山卞圭悟,野田達也,勝田 茂:テニスにおけるサービススピードの遅速と下肢骨格筋の活動パターン. 日本運動生理学会第7回大会,東京,1999. 10.
 
大森 肇,萩原直樹,大山卞圭悟,野田達也,勝田 茂:テニスのサービスにおける速度漸増と下肢筋活動の貢献. 日本運動生理学会第7回大会,東京,1999. 10.
 
大森 肇,渡邉彰人,大山卞圭悟,佃 文子,高橋英幸,久米俊郎,白木 仁,板井悠二,岡田守彦,勝田 茂:低頻度・短期間の筋力トレーニングによる効果は長期間残存する.第54回日本体力医学会大会,熊本,1999. 9.
 
Ohmori H, Shimegi S Fujimoto K, Kano Y, Inaki M, Miyamaru M and Katsuta S : The effect of strength training is potentially memorized and reinforced by retraining. The 46th Annual Meeting of the American College of Sports Medicine , Seattle, 1999. 6.
 
大森 肇:大学の体育授業は体力づくりに貢献できるか? -体力測定を活用する試み-. 第1回筑波大学体育センターFDセミナー,つくば,1998,10.
 
大森 肇,勝田 茂:運動時の脳におけるケトン体の生理作用に関する検討. 第53回日本体力医学会大会,横浜,1998. 9.
 
Ohmori H, Minami T, Chiashi K, Miyamaru M and Katsuta S : Very low – frequency strength training causes augmentation of muscle strength in case of untrained subjects. The 45th Annual Meeting of the American College of Sports Medicine , Orlando, 1998. 6.
 
大森 肇,手塚恵美,狩野 豊,道上静香,高橋英幸, 久野譜也,高井省三,勝田 茂:ジュニアテニス選手のサービス速度に影響を及ぼす要因とその性差. 日本体育学会第48回大会, 新潟,1997. 10.
 
諏訪雅貴,宮崎照雄,中村友浩,佐々木心哉,大森 肇,勝田 茂:先天的な筋線維組成の差と血清総T3濃度の関係について—速筋線維優位ラットを用いて—. 日本体育学会第48回大会, 新潟,1997. 10.
 
大森 肇,勝田 茂:日本の女子テニス選手はなぜ世界に通用するのか(特別講演).日本機械学会創立100周年記念講演会D&D'97スポーツ工学シンポジウム, 東京,1997. 7.
 
狩野 豊,坂戸英樹,増田和実,大森 肇,勝田 茂:持久性トレーニングによる毛細血管形態の変化過程. 日本運動生理学会第5回大会,つくば,1997. 7.
 
勝田 茂,大森 肇,狩野 豊,佐々木心哉,手塚恵美,野田達也:女子テニス選手はなぜ世界に通用するのか!?—生理学的な面からの検討—.(シンポジウム)第9回トレーニング科学研究会,つくば,1997,3.
 
久野譜也,狩野 豊,萩原直樹,高橋英幸,大森 肇,船渡和男,福永哲夫,根本 勇,宮丸凱史,勝田 茂:一流ジュニア選手における大腿部筋特性の検討. 日本体育学会第47回大会, 千葉,1996. 9.
 
大森 肇,萩原直樹,三橋大輔,藤本浩一,安田貴彦,安 栽漢,道上静香,阿江通良,勝田 茂:等速性筋力とテニスのサービス速度との関係-技術レベルを考慮した検討-. 日本体育学会第47回大会, 千葉, 1996. 9.
 
狩野 豊,七五三木聡,増田和実,坂戸英樹,大森 肇,勝田 茂:持久性トレーニングが心室壁の毛細血管形態に及ぼす影響. 第51回日本体力医学会大会,広島,1996. 9.
 
大森 肇,七五三木聡,藤本浩一,狩野 豊,稲木光晴,宮丸凱史,勝田 茂:筋力トレーニング効果の保持と再トレーニングに対する応答. 第51回日本体力医学会大会,広島,1996. 9.
 
宮崎照雄,諏訪雅貴,佐々木心哉,大森 肇,中村友浩,勝田 茂:腓腹筋速筋線維優位ラットにおける他の筋の筋線維組成. 第51回日本体力医学会大会,広島,1996. 9.
 
坂戸英樹,狩野 豊,増田和実,大森 肇,勝田 茂: 持久性トレーニングによるラット血管中膜の形態的変化. 日本運動生理学会第4回大会,名古屋,1996. 7.
 
小田宏行,根本 勇,加賀谷淳子,村田光範,勝田 茂,大森 肇,船渡和男,熊川輝男, 伊藤静夫,浅見俊雄:種目別にみたジュニアスポーツ選手のパワー発揮能力の経年変化. 第106回日本体力医学会関東地方会,東京,1996. 3.
                               
坂本 啓,野坂和則,大森 肇,勝田 茂:エクセントリック運動にともなう筋損傷指標の経時的変化−20歳代と50歳代を比較して−.平成7年度第2回神奈川体育学会研究発表会,横浜,1995. 11.
 
狩野 豊,七五三木聡,増田和実,大森 肇,勝田 茂:代償性筋肥大を生じたラット骨格筋における毛細血管形態の適応.日本体育学会第46回大会,前橋,1995. 10.
 
萩原直樹,大森 肇,三橋大輔,狩野 豊,藤本浩一,勝田 茂,:日本の男子一流ジュ ニアテニス選手における形態的,体力的特性.日本体育学会第46回大会,前橋,1995. 10.
 
三橋大輔,大森 肇,安田貴彦,岡田英孝, 勝田 茂:テニスプレーヤーの筋力発揮特性とサービススピードとの関係. 日本体育学会第46回大会,前橋,1995. 10.
 
大森 肇,三橋大輔,七五三木聡,斉藤武利,安田貴彦,萩原直樹,岡田英孝, 勝田 茂:テニスのサービス速度と筋力との関係は技術レベルによって変化する.日本体育学会第46回大会,前橋,1995. 10.
 
中島 晋,坂本 啓,大森 肇,野坂和則,勝田 茂:ラットダウンヒル走における傾斜角度の変化と血漿クレアチンキナーゼ活性.日本体育学会第46回大会,前橋, 1995. 10.
 
Kano Y, Shimegi S, Masuda K, Sakato H, Ohmori H and Katsuta S : Effects of low- and high-intensity endurance training on capillary luminal diameter in rat skeletal muscle. An American College of Sports Medicine Basic Science Specialty Conference; Regulation of oxidative metabolism and blood flow in skeletal muscle, Indianapolis, 1995. 9.
 
狩野 豊,増田和実,坂戸英樹,大森 肇,勝田 茂:持久性トレーニングが毛細血管の数とその内腔面積に及ぼす影響.第50回日本体力医学会大会,福島,1995. 9.
 
大森 肇,七五三木聡,坂本 啓,狩野 豊,稲木光晴,宮丸凱史,勝田 茂:低頻度のトレーニングが筋力発揮にもたらす効果.第50回日本体力医学会大会,福島, 1995. 9.
 
Sakamoto K, Nosaka K, Shimegi S, Ohmori H and Katsuta S : Muscle fibers recovered from chemically -induced damage do not show attenuated CK release after subsequent eccentric exercise. The 42nd Annual Meeting of American College of Sports Medicine, Minneapolis,1995.5.
 
Kawanaka K, Higuchi M, Tabata I, Ohmori H and Katsuta S : Insulin‐and contraction‐activated glucose transport activity in skeletal muscle are differently regulated by exercise training. IDF Official Satellite Symposium on Glucose Fluxes, Exercise and Diabetes '94. Nara, 1994. 11.
 
川中健太郎,樋口 満,大森 肇,勝田 茂:筋活動のもつインスリン非依存的な糖輸送体 (GLUT4) 含量調節作用.日本体育学会第45回大会,山形,1994. 10.
 
安田俊広,川中健太郎,大森 肇,勝田 茂:長時間運動における非代謝的疲労の影響.日本運動生理学会第2回大会,天理, 1994.7.
 
大森 肇,南 隆尚,千足耕一,宮丸凱史,勝田 茂:頻度の低いウェイトトレーニングが筋力発揮に及ぼす効果.日本運動生理学会第2回大会,天理, 1994. 7.
 
Kawanaka K, Higuchi M, Ohmori H and Katsuta S : Independent effect of muscle contractile activity and blood insulin level on muscle GLUT4 protein content. The 41st Annual Meeting of American College of Sports Medicine, Indianapolis. 1994. 6.
 
奥本 正,斉藤綾子,中野裕史,佐久間邦弘,安田俊弘,大森 肇,勝田 茂:後肢宙づりにおけるラットヒラメ筋筋線維組成の変化−近位,筋腹,遠位部の比較.日本体育学会第44回大会,大阪,1993. 11.
 
三橋大輔,横尾圭介,佐久間邦弘,高橋英幸,久野譜也,大森 肇,村田光範,勝田 茂:一流テニス選手における大腿筋群の形態的特徴.第5回日本テニス研究会,熊取,1993. 11.
 
佐久間邦弘,山口明彦,大森 肇,勝田 茂:筋線維はいずれの部位でも均一か?−発育期のラットヒラメ筋の部位特異性について−第48回日本体力医学会大会, 徳島, 1993. 9.
 
大森 肇,佐久間邦弘,奥本 正,安田俊弘,斉藤綾子,中野裕史,勝田 茂:骨格筋線維の非均一性に関する検討−慢性的な電気刺激と伸展固定を施したラット長指伸筋について−. 第48回日本体力医学会大会, 徳島, 1993. 9.
 
奥本 正,斉藤綾子,中野裕史,佐久間邦弘,安田俊弘,大森 肇,勝田 茂:ラットヒラメ筋萎縮の部位特異的変化について−Tail suspension 法による検討−.第48回日本体力医学会大会,徳島, 1993. 9.
 
佐久間邦弘,山口明彦,大森 肇,勝田 茂:発育期のラットヒラメ筋における筋線維組成の部位特異的変化.日本運動生理学会第1回大会,つくば,1993. 7. 
 
大森 肇,佐久間邦弘,斉藤綾子,奥本 正,安田俊弘,勝田 茂:骨格筋線維の非均一性に関する検討−無処置ラット長指伸筋について−.日本運動生理学会第1回大会,つくば,1993. 7.
 
大槻文夫,百鬼史訓,植竹照雄,大森 肇,井上千枝子,山下陽子:陸上競技ジュニア選手の体力についての日中比較−特に骨年齢と身長−. 日本体育学会第42回大会,富山,1991. 10.
 
大森 肇,片岡英史,山口明彦,勝田 茂:同一筋内における筋線維タイプ移行度の相違について.Strength and Relaxation conference,つくば,1990. 11.
 
Okuda Y, Ohmori H, Isaka M, Kawai K and Yamashita K.: Keton body and glucose metabolism in the resting muscle of normal and streptozotocin diabetic rats. Satellite Symposium of the 6th International Congress of Obesity : Obesity and Diabetes Mellitus, Nagoya, 1990. 10.
 
大森 肇,片岡英史,山口明彦,勝田 茂:電気刺激と伸展固定によるラット骨格筋線維組成の移行部位に関する検討.第45回日本体力医学会大会,福岡,1990. 9.
 
久野譜也,秋貞雅祥,勝田 茂,新津 守,阿部 泉,松本邦彦,大森 肇,七五三木聡,高橋英幸: 31P NMRによる高齢者の筋エネルギー代謝能−長距離競技者と非鍛錬者の比較−.第10回日本バイオメカニクス学会大会,勝浦,1990. 5.
 
Okuda Y, Ohmori H, Watanabe Y, Tomizawa H, Isaka M, Kawai K, Yamashita K, Ito Y and Fujita T.: Traning-induced change in plasma ketone body and hormonal responses to moderate-intensity exercise in patients with NIDDM. The Second International Symposium on Exercise for Diabetes, Osaka, 1990. 4.
 
山口明彦,勝田 茂,大森 肇,稲木光晴,川中健太郎:ラット骨格筋の除神経萎縮に及ぼす脊髄抽出液の効果.第88回日本体力医学会関東地方会,東京,1990. 3.
 
久野譜也,大森 肇,高橋英幸,勝田 茂,秋貞雅祥,宮永 豊,下條仁士:マスターズランナーの筋線維特性.第87回日本体力医学会関東地方会,1989.
 
川井紘一,鈴木誠司,大箸信一,大森 肇,山下亀次郎:Truncated GLP−1投与時の血中ホルモン動態:非麻酔下正常雑犬における検討.第32回日本糖尿病学会総会,金沢,1989. 4.
 
奥田諭吉,大森 肇,川井紘一,山下亀次郎:筋灌流法を用いたSU剤の膵外作用についての検討.第32回日本糖尿病学会総会,金沢,1989. 4.
 
大森 肇,川井紘一,山下亀次郎:運動時の血中ケトン体変動に及ぼすトレーニングの影響とその機序−下肢骨格筋灌流系を用いたケトン体利用に関する検討.第43回日本体力医学会大会,京都,1988. 10.
 
大森 肇,川井紘一,山下亀次郎:運動療法のケトン体代謝への影響(第2報)−STZ投与NIDDMモデルラットにおける長期運動の効果.第31回日本糖尿病学会総会,東京,1988. 5.
 
大森 肇,川井紘一,山下亀次郎:運動時血中ケトン体上昇に対するトレーニング効果とその機序−筋でのケトン体に関する検討.第25回日本臨床代謝学会,東京,1988. 4.
 
大森 肇,川井紘一,山下亀次郎:運動の時間・強度とケトン体代謝変動の関係について.第42回日本体力医学会大会,沖縄,1987. 10.
 
奥田諭吉,大森 肇,川井紘一,山下亀次郎:筋灌流法を用いたケトン体利用に関する基礎的検討.第30回日本糖尿病学会総会,京都,1987. 5.
 
川井紘一,村山耕子,吉川浩子,大森 肇,奥田諭吉,山下亀次郎:NIDDMに生じたケトアシドーシス性昏睡の臨床像とその誘因に関する基礎的検討.第30回日本糖尿病学会総会,京都,1987. 5.
 
大森 肇,川井紘一,奥田諭吉,山下亀次郎:運動療法のケトン体代謝改善におよぼす影響(第1報)−運動強度・時間と血中ケトン体濃度変化.第30回日本糖尿病学会総会,京都,1987. 5.
 
川井紘一,大森 肇,山下亀次郎:ストレプトゾトシン投与によるNIDDM モデルラット−新生児期大量投与と成熟期少量投与での比較. 第1回糖尿病動物研究会,仙台,1987. 1.
 
川井紘一,渡辺雅彦,内山安男,大森 肇,山下亀次郎:ラット膵ホルモン分泌における概日周期に関する機能的及び形態的検討.第59回日本内分泌学会学術総会,仙台,1986. 5.
 
川井紘一,奥田諭吉,大森 肇,山下亀次郎:糖尿病ケトアシドーシス時の膵ホルモン分泌に関する基礎的検討.第29回日本糖尿病学会総会,宇部,1986. 5.
 
大森 肇,川井紘一,奥田諭吉,山下亀次郎:異なる方法により作成したNIDDM糖尿病モデルラットのホルモン分泌及び代謝動態.第29回日本糖尿病学会総会,宇部,1986. 5.
 
川井紘一,奥田諭吉,大森 肇,山下亀次郎:ケトン体および高浸透圧のグルカゴン分泌への影響.第15回グルカゴン研究会,仙台,1986. 3.
 
奥田諭吉,川井紘一,村山耕子,大森 肇,山下亀次郎:加齢のケトン 体代謝への影響.第23回日本臨床代謝学会,1986. 2.
 
大森 肇,上坂元英昭,宮田浩文,勝田 茂:成長期における筋パワートレーニングの至適開始時期に関する研究−組織化学的検討.第40回日本体力医学会大会,鳥取,1985.9.
 
征矢英昭,大森 肇,勝田 茂:発育期における筋トレーニング効果の適時性に関する研究−酵素組織化学的検討.日本体育学会第35回大会,鹿児島,1984. 10.
 
大森 肇,征矢英昭,勝田 茂:成熟期ラット下肢骨格筋におけるトレーナビリティーの検討.日本体育学会第35回大会,鹿児島,1984. 10.
 
征矢英昭,大森 肇,石原昭彦,勝田 茂:発育期における筋トレーニング効果の適時性に関する研究−筋張力特性の検討.第39回日本体力医学会大会,奈良,1984. 9.

4.学会発表・講演 *責任著者
(2) 学会座長

 
大森 肇(教育講演座長):教育講演I 佐久間邦弘「基礎研究者として評価を高めるために」.第28回日本運動生理学会大会,名護(オンラインおよびオンサイト),20213月.
 
大森 肇,八田秀雄(シンポジウム座長):運動とタウリン研究の最前線〜その多彩な生理作用に迫る〜.<シンポジウム28>,第74回日本体力医学会大会,茨城,20199月.
 
大森 肇(特別講演座長):<家森幸男「タウリンと大豆イソフラボンの24時間尿排泄量による和食の摂取度と生活習慣病リスク.Grading of Japanese diet intakes by 24 hour urinary taurine and soy isoflavone excretions in relation to lifestyle related disease risks, 5回国際タウリン研究会日本部会,福井県あわら市,201935.
 
大森 肇(座長): 代謝④.第73回日本体力医学会大会,福井,201898日.
 
大森 肇(座長):セッション6 体力科学・代謝.第4回国際タウリン研究会日本部会,熊本,2018年3月.
 
大森 肇,三上俊夫(シンポジウム座長):運動に伴う活性酸素産生の功罪.<シンポジウム7>,第73回日本体力医学会大会,福井,201898日.
 
大森 肇(座長):セッション1 運動・体力科学.第3回国際タウリン研究会日本部会,つくば,2017年2月.
 
大森 肇(基調講演座長): <高橋英幸:基調講演2「最先端MRSを用いた栄養・コンディショニング:ヒト筋グリコーゲンのモニタリング法」>.ARIHHPヒューマン・ハイ・パフォーマンスフォーラム2017 -意欲とパフォーマンス-,つくば,2017年3月.
 
大森 肇(シンポジウム座長):運動と酸化ストレスと健康の関係を考える.<シンポジウム1>,第70回日本酸化ストレス学会学術集会,つくば,20176月.
 
大森 肇(座長):スポーツ生化学など.第24回日本運動生理学会大会,熊本,2016年7月.
 
大森 肇(シンポジウム司会):運動時の代謝と臓器連関.<専門領域企画 運動生理学シンポジウム>,日本体育学会第67回大会,大阪(熊取),20168月.
 
大森 肇(座長):代謝④.第71回日本体力医学会大会,岩手,2016年9月.
 
大森 肇(座長):代謝⑤,第70回日本体力医学会大会,和歌山,2016.9.
 
Ohmori HChairperson of Plenary Session: Session VIII: Health promotion with exercise training and socio educational needs. The 7th Asia Pacific Conference on Exercise and Sports Science, Faridabad, India, 2015.10.
 
大森 肇:ワークショップ15 身体活動増進の取り組み(座長),第68回日本体力医学会大会,東京,2013.9.
 
大森 肇:タンパク・ペプチド成分摂取(座長).第68回日本体力医学会大会,東京,2013.9.
 
大森 肇,坂本昭裕:第3部 カリキュラム実践の評価 (司会).筑波大学体育センターフォーラム 大学体育の新時代に向かって,東京,2013.2.
 
田中喜代次,大森  肇:運動強度と呼吸・循環・代謝・筋骨格系.運動生理学専門分科会シンポジウム(司会).日本体育学会第61回大会,豊田,2010. 8.
 
Hinrichs T and Ohmori H (Chairperson): Epidemiology of physical activity and aging (Oral Session) , 7th World Congress on Aging and Physical Activity :  Active Aging : Focus on Longevity and Physical Activity, Tsukuba , 2008. 7
 
大森 肇(座長):運動生理学(3),日本体育学会第58回大会,神戸,2007. 9. 
 
大森 肇(座長):会場E1,日本運動生理学会第7回大会,東京,1999. 1. 
 
大森 肇(座長):スポーツと疾患,第52回日本体力医学会大会,大阪,1997. 9.
 
大森 肇(座長):セッションⅠ,第98回日本体力医学会関東地方会,東京,1993. 7.
 
中嶋康博 ,大森 肇(座長):一般研究発表,第2回日本テニス研究会,東京,  1990. 9.
 

4.学会発表・講演 *責任著者
(3) 招待講演など

 
宮﨑照雄,大森 肇,本多彰(シンポジウム講演):N-acetyl-taurineの生成を介した骨格筋エネルギー代謝調節機構.<シンポジウム28 運動とタウリン研究の最前線〜その多彩な生理作用に迫る〜>,第74回日本体力医学会大会,茨城,20199月.
 
羅成圭,崔英珠,赤澤暢彦,大森 肇,前田清司(シンポジウム講演):経口タウリン摂取が高強度レジスタンス運動後の動脈機能へ及ぼす影響~ヒト試験による検証~.<シンポジウム28 運動とタウリン研究の最前線〜その多彩な生理作用に迫る〜>,第74回日本体力医学会大会,茨城,20199月.
 
大森 肇(招待講演):長距離走中に発生する筋痛・筋損傷・酸化ストレスと運動パフォーマンス,第15回乳酸研究会,東京,2019216日.
 
大森 肇(シンポジウム講演):一過性運動の強度・時間と酸化ストレス応答.<シンポジウム7 運動に伴う活性酸素産生の功罪>,第73回日本体力医学会大会,福井,201898日.
 
Ohmori HGuest Speaker): The relationship between decrease of race pace and muscle damage in full marathon. Information Sharing Meeting on the topic of  “What should be included in marathon teaching or training ?”, Muban Chombueng Rajabhat University, Ratchaburi, Thailand, 2018-9-22.
 
大森 肇(シンポジウム招待講演):一過性運動の強度・時間と酸化ストレス応答.<シンポジウム1 運動と酸化ストレスと健康の関係を考える.>,第70回日本酸化ストレス学会学術集会,つくば,20176月.
 
Ohmori H(シンポジウム招待講演): Effects of amino acids supplementation on sports performance. Biomaterials Mini Symposium,Tsukuba, Japan, 2016-1.
 
大森 肇(シンポジウム招待講演): 高強度運動により出現する疲労をシトルリン投与が抑制する機序.<専門領域企画 運動生理学シンポジウム「運動時の代謝と臓器連関」>,日本体育学会第67回大会,大阪(熊取),20168月.
 
大森 肇(学術セッション招待講演): 運動時の疲労に抗うサプリメントの効果.<学術セッションⅡ「健康・長寿を実現するためのからだづくり」,第21回静岡健康・長寿学術フォーラム,静岡,201611月.
 
大森 肇(シンポジウム招待講演):タウリンとBCAAの摂取が運動後の筋損傷に及ぼす影響.<企画シンポジウム12「タウリンの多彩な生理機能」,第94回日本生理学会大会,浜松,20173月.

大森 肇 (シンポジスト): 運動とタウリン.<シンポジウム「タウリンの多彩な生理作用と産業・医療への新展開」>,日本農芸化学会2016年度大会,札幌,20163
 
Ohmori HSymposium Speaker: Combined effect of branched-chain amino acids and taurine intake on delayed onset muscle soreness and muscle damage in high-intensity eccentric exercise. Symposium of Sports Nutrition. The 7th Asia Pacific Conference on Exercise and Sports Science, Faridabad, India, 2015.10.
 
Ohmori H (Invited speaker) : Taurine supplementation inhibits hypoglycemia during prolonged exercise and extends exercise time to exhaustion in rats. Symposium of High Performance Foods and Beverages, Agricultural and Food Chemistry Division, the 248th American Chemical Society National Meeting & Exposition, San Francisco, USA, 2014.8.
 
大森 肇(招待講演):動物実験における運動負荷および運動効果の評価系,協和発酵バイオ社内講演会,つくば,2014.2.
 
大城戸道生, 神谷全人, 綿引清勝, 渡邊百合子, 南木 融, 竹越一博, 大森 肇(ワークショップ演者):小学生への運動介入が運動有能感とストレス状態に及ぼす影響 —唾液クロモグラニンAからの検討—.ワークショップ15「身体活動増進の取り組み」,第68回日本体力医学会大会,東京,2013.9.
 
大森 肇(指定演者):G3 プロジェクトのこれまでの取り組みについて.第3部 カリキュラム実践の評価,筑波大学体育センターフォーラム 大学体育の新時代に向かって,東京,2013.2.
 
大森 肇:三谷サスケ体徳知育プロジェクトの展開(シンポジウムキッズフィットネスとヘルスプロモーション).第60回日本教育医学会記念大会,つくば,2012.8.
 
Ohmori H, Aoki D, Ishikura K, Ra S-G, Suzuki T, Komine S, Okido M and Miyazaki T: Influence of increased blood ammonia by long duration running on the performance of calculation task (Minisymposium). The 12th International Congress on Amino Acids, Peptides and Proteins, Beijing, 2011. 8.
 
Ra S-G, Miyazaki T, Ishikura K, Suzuki T, Maeda S, Miyakawa S, Matsuzaki Y and Ohmori H: The combined effect of taurine with BCAA on the delayed-onset-muscle-soreness and damages after eccentric exercise -a double-blind study- (Minisymposium). The 12th International Congress on Amino Acids, Peptides and Proteins, Beijing, 2011. 8.
 
大森 肇:マナーキッズテニス教室は子どもの感情を改善する(招待講演).ワセダクラブ・マナーキッズテニス教室(早稲田大学庭球部東伏見三神記念テニスコート),西東京,201012
 
大森 肇:杉並区立三谷小学校学校運営協議会の取り組み(事例発表),すぎなみ教育シンポジウム,東京,20103
 
大森 肇,小俣幸嗣,山田幸雄,坂本昭裕,平山素子,本間三和子,安藤真太郎,鍋山隆弘,小田  梓,武田 剛,津田龍佑:グループ3報告 再構築モデルの実践と評価に向けて.<パネルディスカッション「大学体育モデルの再構築を目指して」.シンポジウムⅣ「スポーツ教育におけるリノベーション」>,スポーツ科学イノベーションフォーラム,つくば,20103
 
大森 肇:マナーキッズテニス教室は子どもの感情を改善する -マナーキッズプロジェクト研究中間報告-(招待講演), 第2回全国マナーキッズフォーラム2009  マナーとルールは「人間力」の第一歩,東京,2009. 3.
 
大森 肇:母の愛が脳を育む(招待講演).ワセダクラブ・マナーキッズテニス教室(早稲田大学庭球部東伏見三神記念テニスコート),西東京,200912
 
大森 肇:母の愛が脳を育む(招待講演).第4回文部科学大臣杯マナーキッズテニス全国小学生団体戦(東京都体育館),東京,200812
 
大森 肇:母の愛が脳を育む(招待講演).ワセダクラブ・マナーキッズテニス教室(早稲田大学庭球部東伏見三神記念テニスコート),西東京,200812
 
大森 肇:①幼児期の言語発達に及ぼす模倣運動の影響 ②母の愛が脳を育む(招待講演).第1回全国マナーキッズフォーラム(中央区総合スポーツセンター),東京,20083
         
大森 肇:①幼児期の言語発達に及ぼす模倣運動の影響 ②母の愛が脳を育む(招待講演).ワセダクラブ・マナーキッズテニス教室(早稲田大学庭球部東伏見三神記念テニスコート),西東京,200712.
 
大森 肇,加藤謙一:さんやSASUKE体徳知育プロジェクト —「走り方教室」の成果報告— (招待講演).杉並区立三谷小学校校内研修会,東京,200712
 
大森 肇:①幼児期の言語発達に及ぼす模倣運動の影響 ②母の愛が脳を育む(招待講演).第3 回文部科学大臣杯マナーキッズテニス全国小学生団体戦(横浜国際プール),横浜,200712
 
大森 肇:こころを育て あたまを活かす 上手なからだの使い方 -運動が気分と認知機能に及ぼす影響-(招待講演).大和証券健康セミナー(水戸プラザホテル),水戸,200712
 
大森 肇:幼児期の言語発達に及ぼす模倣運動の影響(招待講演).財団法人日本テニス協会 マナーキッズテニス教室(大田区立小池小学校),東京,200711
 
大森 肇:幼児期の言語発達に及ぼす模倣運動の影響(招待講演).財団法人日本テニス協会 マナーキッズテニス教室(サッポロスポーツプラザスウィング89),札幌,200711
 
大森 肇:幼児期の言語発達に及ぼす模倣運動の影響(招待講演).財団法人日本テニス協会マナーキッズテニス教室(滝川市青年体育センター),滝川,200711
 
大森 肇:幼児期の言語発達に及ぼす模倣運動の影響(招待講演).NPO法人マナーキッズプロジェクトマナーキッズ教室(白井市立清水口小学校),白井,20079
     
大森 肇:幼児期の言語発達に及ぼす模倣運動の影響(招待講演).財団法人日本テニス協会マナーキッズテニス教室(さくらテニスガーデン),長岡,20079
 
大森 肇:こころを育て あたまを活かす 上手なからだの使い方(招待講演).中台むつみ会第5回雑学倶楽部(中台2丁目集会所),東京,20078
 
大森 肇:幼児期の言語発達に及ぼす模倣運動の影響(招待講演).財団法人日本テニス協会マナーキッズテニス教室(北海道立北見市体育センター),北見,20078
 
大森 肇:幼児期の言語発達に及ぼす模倣運動の影響(招待講演).財団法人日本テニス協会マナーキッズテニス教室(帯広の森スポーツセンター),帯広,200785.
 
大森 肇:幼児期の言語発達に及ぼす模倣運動の影響(招待講演).財団法人日本テニス協会マナーキッズテニス教室(帯広の森スポーツセンター),帯広,200784.
 
大森 肇:幼児期の言語発達に及ぼす模倣運動の影響(招待講演).財団法人日本テニス協会マナーキッズテニス教室(小樽グリーンテニスクラブ),小樽,20078
 
大森 肇:幼児期の言語発達に及ぼす模倣運動の影響(招待講演).財団法人日本テニス協会マナーキッズテニス教室(富山立四方小学校),富山,20074
 
大森 肇:幼児期の言語発達に及ぼす模倣運動の影響(招待講演).財団法人日本テニス協会マナーキッズテニス教室(杉並区立三谷小学校),東京,20074
 
大森 肇:幼児期の言語発達に及ぼす模倣運動の影響(招待講演).財団法人日本テニス協会マナーキッズテニス教室(奈良県ダイヤモンドテニスクラブ学園前),奈良,20073
 
大森 肇:幼児期の言語発達に及ぼす模倣運動の影響(招待講演).財団法人日本テニス協会マナーキッズテニス教室(立川市泉体育館),立川,20073
 
大森 肇:幼児期の言語発達に及ぼす模倣運動の影響(招待講演).ワセダクラブ・マナーキッズテニス教室(早稲田大学庭球部東伏見三神記念テニスコート),西東京,200612.
   
大森 肇:幼児期の言語発達に及ぼす模倣運動の影響(招待講演).第2回文部科学大臣杯マナーキッズテニス全国小学生団体戦(東京都体育館),東京,200612
 
大森 肇:メタボリックシンドロームと運動(招待講演).大和証券健康セミナー(水戸プラザホテル),水戸,200611
 
大森 肇:幼児期の言語発達に及ぼす模倣運動の影響(招待講演).財団法人日本テニス協会マナーキッズテニス教室(相模原市総合体育館),相模原,200611
 
大森 肇:地域の誇りとなる学校づくりのために〜三谷小学校の実践〜(招待講演).山形県教育委員会 これからのPTA活動を考える研修会(置賜生涯学習プラザ),長井,200611
 
大森 肇:幼児期の言語発達に及ぼす模倣運動の影響(招待講演).財団法人日本テニス協会マナーキッズテニス教室(花巻市市民体育館),花巻,200610
 
大森 肇:小学校時代の体育とその意味(招待講演).杉並区立三谷小学校校内研修会,東京,20069
 
大森 肇:幼児期の言語発達に及ぼす模倣運動の影響(招待講演).財団法人日本テニス協会マナーキッズテニス教室(北海道立北見体育センター),北見,20068
 
大森 肇:幼児期の言語発達に及ぼす模倣運動の影響(招待講演).財団法人日本テニス協会マナーキッズテニス教室(釧路市コミュニティー体育館),釧路,20068
 
大森 肇:幼児期の言語発達に及ぼす模倣運動の影響(招待講演).財団法人日本テニス協会マナーキッズテニス教室(帯広市総合体育館),帯広,20068
 
大森 肇:幼児期の言語発達に及ぼす模倣運動の影響(招待講演).財団法人日本テニス協会マナーキッズテニス教室(池田町総合体育館),北海道池田町,20068
 
大森 肇:幼児期の言語発達に及ぼす模倣運動の影響(招待講演).財団法人日本テニス協会マナーキッズテニス教室(墨田区立両国中学校),東京,20067
 
大森 肇:幼児期の言語発達に及ぼす模倣運動の影響(招待講演).財団法人日本テニス協会マナーキッズテニス教室(府中市立本宿小学校),東京,20066
 
大森 肇:幼児期の言語発達に及ぼす模倣運動の影響(招待講演).財団法人日本テニス協会マナーキッズテニス教室(杉並区立三谷小学校),東京,20054
 
大森 肇:幼児期の言語発達に及ぼす模倣運動の影響(招待講演).財団法人日本テニス協会マナーキッズテニス教室(さいたま市大宮体育館),さいたま,20064
 
大森 肇:幼児期の言語発達に及ぼす模倣運動の影響(招待講演).財団法人日本テニス協会マナーキッズテニス全国小学校別団体対抗戦(中央区立総合スポーツセンター),東京,2005 12
 
大森 肇:幼児期の言語発達に及ぼす模倣運動の影響(招待講演).財団法人日本テニス協会マナーキッズテニス教室(おゆみ野南小学校),千葉,200512
 
大森 肇:幼児期の言語発達に及ぼす模倣運動の影響(招待講演).財団法人日本テニス協会マナーキッズテニス教室(スーパーインドア),京都,200512
 
大森 肇:幼児期の言語発達に及ぼす模倣運動の影響(招待講演).財団法人日本テニス協会マナーキッズテニス教室(黄檗体育館),宇治,200512
 
大森 肇:幼児期の言語発達に及ぼす模倣運動の影響(招待講演).財団法人日本テニス協会マナーキッズテニス教室(雲雀丘学園体育館),宝塚,200511
 
大森 肇:幼児期の言語発達に及ぼす模倣運動の影響(招待講演).財団法人日本テニス協会マナーキッズテニス教室(辰口丘陵公園テニスコート),能美,200511
 
大森 肇:幼児期の言語発達に及ぼす模倣運動の影響(招待講演).財団法人日本テニス協会マナーキッズテニス教室(杉並区立三谷小学校),東京,200511
 
大森 肇:幼児期の言語発達に及ぼす模倣運動の影響(招待講演).財団法人日本テニス協会マナーキッズテニス教室(目俵市民体育館),吹田,200511
 
大森 肇:幼児期の言語発達に及ぼす模倣運動の影響(招待講演).財団法人日本テニス協会マナーキッズテニス教室(海南市総合体育館),海南,200510
 
大森 肇:幼児期の言語発達に及ぼす模倣運動の影響(招待講演).財団法人日本テニス協会マナーキッズテニス教室(逗子市体育館),逗子,200510
 
大森 肇:幼児期の言語発達に及ぼす模倣運動の影響(招待講演).財団法人日本テニス協会マナーキッズテニス教室(国立中央児童館),東京,200510
 
大森 肇:幼児期の言語発達に及ぼす模倣運動の影響(招待講演).財団法人日本テニス協会マナーキッズテニス教室(テニスアカデミークレセント),名古屋,20059
 
大森 肇:幼児期の言語発達に及ぼす模倣運動の影響(招待講演).財団法人日本テニス協会マナーキッズテニス教室(東京都有明コロシアム),東京,20059
 
大森 肇:脳を育む身体運動(招待講演).杉並区立三谷小学校道徳授業地区公開講座,東京,20059
 
大森 肇:幼児期の言語発達に及ぼす模倣運動の影響(招待講演).財団法人日本テニス協会マナーキッズテニス教室(東京都立短期大学体育館),東京,20059
 
大森 肇:幼児期の言語発達に及ぼす模倣運動の影響(招待講演).財団法人日本テニス協会マナーキッズテニス教室(白沢村総合体育館),福島県安達郡白沢村,20059.
 
大森 肇:幼児期の言語発達に及ぼす模倣運動の影響(招待講演).財団法人日本テニス協会マナーキッズテニス教室(牛久総合運動公園体育館),牛久,20059
 
大森 肇:幼児期の言語発達に及ぼす模倣運動の影響(招待講演).財団法人日本テニス協会マナーキッズテニス教室(白百合学園小学校),盛岡,20058
 
大森 肇:幼児期の言語発達に及ぼす模倣運動の影響(招待講演).財団法人日本テニス協会マナーキッズテニス教室(スパーク帯広),帯広,20057
 
大森 肇:幼児期の言語発達に及ぼす模倣運動の影響(招待講演).財団法人日本テニス協会マナーキッズテニス教室(帯広の森テニスコート),帯広,20057
 
大森 肇:幼児期の言語発達に及ぼす模倣運動の影響(招待講演).財団法人日本テニス協会マナーキッズテニス教室(芦原小学校),戸田,20057
 
大森 肇:幼児期の言語発達に及ぼす模倣運動の影響(招待講演).財団法人日本テニス協会マナーキッズテニス教室(坪井小学校),船橋,20056
 
大森 肇:幼児期の言語発達に及ぼす模倣運動の影響(招待講演).財団法人日本テニス協会マナーキッズテニス教室(明台北小学校),和泉,20056
 
大森 肇:幼児期の言語発達に及ぼす模倣運動の影響(招待講演).財団法人日本テニス協会マナーキッズテニス教室(和歌山県総合体育館),和歌山,20056
 
大森 肇:幼児期の言語発達に及ぼす模倣運動の影響(招待講演).財団法人日本テニス協会マナーキッズテニス教室(杉並区立杉並第四小学校),東京,20056
 
大森 肇:幼児期の言語発達に及ぼす模倣運動の影響(招待講演).財団法人日本テニス協会マナーキッズテニス教室(くまがやドーム体育館),熊谷,20055
 
大森 肇:幼児期の言語発達に及ぼす模倣運動の影響(招待講演).財団法人日本テニス協会マナーキッズテニス教室(杉並区立三谷小学校),東京,20055
 
大森 肇:幼児期の言語発達に及ぼす模倣運動の影響(招待講演).財団法人日本テニス協会マナーキッズテニス教室(墨田区スポーツドアあずま),東京,20055
 
大森 肇:幼児期の言語発達に及ぼす模倣運動の影響(招待講演).財団法人日本テニス協会マナーキッズテニス教室(博多の森テニスセンター),福岡,20055
 
大森 肇:幼児期の言語発達に及ぼす模倣運動の影響(招待講演).財団法人日本テニス協会マナーキッズテニス教室(長良川テニスセンター),岐阜,20055
 
大森 肇:幼児期の言語発達に及ぼす模倣運動の影響(招待講演).財団法人日本テニス協会マナーキッズテニス教室(なみはやドーム),門真,20054
 
大森 肇:幼児期の言語発達に及ぼす模倣運動の影響(招待講演).財団法人日本テニス協会マナーキッズテニス教室(杉並区立三谷小学校),東京,20054
 
大森 肇:幼児期の言語発達に及ぼす模倣運動の影響(招待講演).財団法人日本テニス協会マナーキッズテニス教室(手稲区体育館),札幌,20054
 
大森 肇:幼児期の言語発達に及ぼす模倣運動の影響(招待講演).財団法人日本テニス協会第15回コーチャーズカンファレンス(国立スポーツ科学センター),東京,20053
 
大森 肇:幼児期の言語発達に及ぼす模倣運動の影響(招待講演).財団法人日本テニス協会マナーキッズテニス教室(愛媛県総合体育館),松山,20053
 
大森 肇:幼児期の言語発達に及ぼす模倣運動の影響(招待講演).財団法人日本テニス協会マナーキッズテニス教室(江東区深川北スポーツセンター),東京,20053
 
大森 肇:学びの楽しさ 学ぶ意味(招待講演).東京学芸大学附属 小金井小学校 平成16年度 第3回校内研修会,東京,20052
 
大森 肇:幼児期の言語発達に及ぼす模倣運動の影響(招待講演).財団法人日本テニス協会マナー・キッズテニス教室(豊島区立池袋第三小学校),東京,200412
 
大森 肇:幼児期の言語発達に及ぼす模倣運動の影響(招待講演).財団法人日本テニス協会マナー・キッズテニス教室(中央区立月島幼稚園),東京,200412
 
大森 肇:幼児期の言語発達に及ぼす模倣運動の影響(招待講演).財団法人日本テニス協会マナー・キッズテニス教室デモンストレーション(東部体育館),静岡,20048
 
大森 肇:幼児期の言語発達に及ぼす模倣運動の影響(招待講演).財団法人日本テニス協会マナー・キッズテニス教室デモンストレーション(中央区総合スポーツセンター),東京,20047
 
大森 肇:スポーツ生理学  -スポーツと栄養,スポーツと体力-(招待講演).平成15年度B級スポーツ指導員養成講習会,ひたちなか,200310
 
大森 肇:運動とオレキシン(指定演題).第4回高所トレーニング国際シンポジウム2000上山,上山,20007
 
大森 肇,勝田 茂:日本の女子テニス選手はなぜ世界に通用するのか(特別講演).日本機械学会創立100周年記念講演会D&D'97スポーツ工学シンポジウム, 東京,1997. 7.
 
勝田 茂,大森 肇,狩野 豊,佐々木心哉,手塚恵美,野田達也:女子テニス選手はなぜ世界に通用するのか!?—生理学的な面からの検討—.(シンポジウム)第9回トレーニング科学研究会,つくば,19973.
 
大森 肇:中学生のための体力トレーニング(招待講演).茨城県教育委員会平成8年度フィットネスアドバイザー派遣事業研究協議会,牛久,1996. 12.
 
大森 肇:筋力トレーニングの理論と方法(招待講演).関東地区ろうあ団体連合会平成8年度スポーツ研修会,つくば,1996. 11.  
 
大森 肇:スポーツで筋肉を動かすことの意味(招待講演).平成8年度筑波大学公開講座,豊かなライフスタイルの創造とスポーツ,取手,1996. 11. 
 
大森 肇:ホッケーの生理学 -ホッケーとはいかなる運動か?-(招待講演).平成6年度C級コーチ養成専門科目講習会(ホッケー競技),ホッケーの生理学・栄養学,小矢部,1994. 8.
 
大森 肇:筋と運動(招待講演).16回(Ⅰ期)健康運動指導士養成講習会,運動生理学,東京,1991. 7.
 
大森 肇:骨格筋のしくみと働き-エネルギー代謝の観点から-(招待講演).日本体育協会公認C級スポーツ指導員資格移行講習会,スポーツ生理学,東京,1990. 12.
 
大森 肇:骨格筋に対するトレーニングの生理・生化学的効果(招待講演).文部大臣認定商業スポーツ施設の指導者(教師)C級補講講習会,スポーツ生理学,東京,1990. 10.

5.その他
(1) 学位論文

 
大森 肇:長期運動のケトン体代謝に及ぼす影響とその機序に関する研究−正常および糖尿病ラットにおける検討,昭和63年度筑波大学大学院博士課程医学研究科博士論文:1-80,1989.
 
大森 肇:筋パワートレーニングの至適開始時期に関する機能・組織学的研究,昭和59年度筑波大学大学院修士課程体育研究科修士論文:1-91,1985.(昭和59年度筑波大学体育研究科修士論文抄録,第7巻,101-104,1985.)

5.その他
(2) 事典

 
大森 肇:アクチン,アクトミオシン,滑走説,筋委縮,筋肥大,伸筋,張力-長さ関係,ドナンの膜平衡,細いフィラメント,ミオシンフィラメント,A帯,FG線維,FOG線維,H帯,SO 線維,typeⅠ線維,type Ⅱ線維,臨床スポーツ医学編集委員会(編),「スポーツ医科学キーワード」 (臨床スポーツ医学第16卷臨時増刊号)文光堂,東京,pp.5, pp.7, pp.89, pp.129, pp. 138, pp. 272, pp. 374, pp. 408, pp. 503, pp. 513, pp. 554, pp. 567, pp. 568, pp. 571, pp. 592, pp. 594, pp. 595, 1999.

5.その他
(3) 評論

 
阿江通良,大森 肇:特集シミュレーション 特集によせて. バイオメカニクス研究,3: 20-21,1999.
 
大森 肇:第2回テニス研究会一般発表傍聴記. 日本テニス研究会会誌,2:10-13,1991.
 

5.その他
(4) 随筆

 
大森 肇:夢ある一歩,運動生理学サーキュラNo.26,日本運動生理学雑誌,6 (2):116-117, 1999.

大森 肇:私の抱負,大学体育,41:127-129,1990.

5.その他
(5) 便覧

 
後藤悠生,齊藤愼一,大森 肇:幼児期の言語発達に及ぼす模倣運動の影響. 財団法人日本テニス協会 指導普及本部 幼稚園・小学校マナーキッズテニスプロジェクト(編),マナー・キッズテニス教室開催マニュアル第2版,財団法人日本テニス協会,東京,PP. 34-37, 2005.
 
後藤悠生,齊藤愼一,大森 肇:幼児期の言語発達に及ぼす模倣運動の影響. 財団法人日本テニス協会 指導普及本部 幼稚園・小学校マナーキッズテニスプロジェクト(編),マナー・キッズテニス教室開催マニュアル,財団法人日本テニス協会,東京,PP. 21-24, 2005.

5.その他
(6) 解説

 
大森 肇:メタボリックシンドロームに効く運動療法(その2)有酸素運動とレジスタンストレーニング.月刊みんかつ 健康づくりの郷(さと) 217 : 10-16, 2007.
 
大森 肇:メタボリックシンドロームに効く運動療法(その1).月刊みんかつ 健康づくり郷(さと) 214 : 37-41, 2006.

5.その他
(7) 連載

 
大森 肇 ほか: <短期集中連載> 最新研究で分かった運動の効用(上)(雑誌取材).サンデー毎日,91 (51):42-43,2012.11

5.その他
(8) ビデオ・ DVD

 
大森 肇:「生老病死の秘密」,韓国放送公社(KBSTV),2016年10月26日.
 
大森 肇:幼児期の言語発達に及ぼす模倣運動の影響.財団法人日本テニス協会 指導普及本部幼稚園・小学校マナーキッズテニスプロジェクト(企画・製作),幼稚園・小学校マナーキッズテニスプロジェクトVol. 1 - No. 2(DVD ),2005.
 
大森 肇:幼児期の言語発達に及ぼす模倣運動の影響.財団法人日本テニス協会 指導普及本部幼稚園・小学校マナー・キッズテニスプロジェクト(企画・製作),幼稚園・小学校マナー・キッズテニスプロジェクト 目的と内容Vol. 1 - No. 1(DVD),2005.
 
大森 肇:風を切って健康に!サイクリング〜ダイエット編〜.NHKエデュケーショナル(企画・製作),NHKきょうの健康 DVD 第2巻,生活ビタミン②,2005.
 
後藤邦夫,大森 肇:レッツスポーツ! いつでもどこでもスポーツを(ビデオ).社団法人日本知的障害福祉連盟(企画・制作),2001. 

5.その他
(9) 講師など

 
谷川 聡,大森 肇:教員体育実技研修会(陸上)講師,杉並区立桃井第四小学校,東京,2011.1.
 
大森 肇:マナーキッズテニス教室は子どもの感情を改善する. マナーキッズプロジェクト研究-中間報告- , 第2回全国マナーキッズフォーラム2009(早稲田大学),東京,2009.3.
 
大森 肇:三谷小学校6年生キャリア教育“12歳のハローワーク”(講師).(杉並区立三谷小学校)東京,2008.2.
 
大森 肇:三谷で足が速くなる! —さんやSASUKE 体徳知育プロジェクトの挑戦—.CS活動報告,三谷CSフェスタ(杉並区立三谷小学校),東京,2008.2.

5.その他
(10) 新聞掲載・テレビなど

 
大森 肇 他:テニス・礼法でマナー鍛錬.(日本経済新聞(夕刊),2010.11.269面,掲載)
 
大森 肇 他:礼儀とテニス 楽しく学ぶ,(讀賣新聞奈良版,2007. 4. 4掲載).
 
大森 肇 他:マナーキッズ スポーツは「礼」から,(讀賣新聞,2006. 5. 2掲載).
 
大森 肇 他:マナー・キッズテニス教室 あいさつのラリー快く,(東京新聞 夕刊,2005. 12. 14掲載).
 
大森 肇 他:児童テニスに親しむ 白沢教室で礼儀作法も理解,(福島民友,2005. 9. 6掲載).
 
大森 肇 他:テニスで楽しく礼儀勉強 和歌山教室に子供ら80人,(讀賣新聞,2005.6.19掲載).
 
大森 肇 他:キッズテニスで礼儀学ぶ,(讀賣新聞 岐阜12版,2005. 5. 8, 27, 掲載).
 
大森 肇 他:〜生活ビタミン「風を切って健康に サイクリング リフレッシュ編」〜,きょうの健康 QANHK教育, 2004. 9.24放映,出演).
 
大森 肇 他:〜生活ビタミン「風を切って健康に サイクリング 筋トレ編」〜,きょうの健康 QANHK教育, 2004. 9. 17放映,出演).
 
大森 肇 他:〜生活ビタミン「風を切って健康に サイクリング ダイエット編」〜,きょうの健康 QANHK教育, 2004. 9. 10放映,出演).
 
大森 肇 他:世界記録に挑む高齢者たち〜金メダリスト・パワーの秘密〜,クローズアップ現代(NHK, 2003. 9. 17放映,出演).
 
大森 肇 他:太る理由&やせる法則,回復!スパスパ人間学(TBS2001. 9.27放映,出演).
 
大森 肇 他:美しいスタイルを得る,発掘!あるある大事典(フジテレビ,2001. 1. 30放映,出演).
 
大森 肇 他:貧血の悩み 解消術,ためしてガッテン(NHK1997. 3. 26放映,取材協力).
 
大森 肇 他:スポーツの秋! 筋肉痛の不思議,所さんの目がテン!(日本テレビ,1996. 10. 20放映,取材協力).
 
大森 肇,勝田 茂 他:3週に1度の運動 ぐうたらでも効果.(産業経済新聞,1994. 7. 22, 日刊18625,26, 掲載).

5.その他
(11) その他

 
大森 肇:身近なプロフェッショナル <6年生の総合的な学習> インタビュー協力,杉並区立桃井第四小学校,東京,2011.1.
 
大森 肇:三谷コミュニティ・スクール PTA30周年その節目に.杉並区立三谷小学校 学校だより そてつ 4392, 2011.
 
大森 肇:学校運営協議会(CS 23年度 新体制でスタートしました.三谷小学校学校支援・地域共生本部通信 さんこら通信 こらぼ 121, 2011.
 
大森 肇 他:すぎなみ教育シンポジウム 「地域と恊働する学校をつくる」を開催しました.第一部 事例発表.(すぎなみ 教育報 No.1962010.3.12,掲載)
 
大森 肇:未来を担う若者へ「青年の思索のために」(下村湖人著).私の一冊.筑波大学新聞 2855, 2010.
 
大森 肇:三谷コミュニティ・スクール 新たな時代に向けて.杉並区立三谷小学校 学校だより そてつ 42822010.
 
大森 肇SASUKEの現在、過去、未来.「こらぼの輪」.三谷小学校学校支援・地域共生本部通信 こらぼ 104, 2010.
 
大森 肇:リュックを背負った爪先歩きは背筋や腹筋を強め ネコ背を正して腰痛も退ける:わかさ, 11(6) : 60-61, 2000.
 
大森 肇 他:貧血,雑学読本 NHK ためしてガッテン: 118-124, 1999(制作協力).
 
大森 肇:共通体育体験レポート12: 「面白くて役に立つ!?テニスの授業から学んだこと」の巻,つくばスチューデンツ,416: 4, 1998.
 
大森 肇 他:骨組み、筋肉、脂肪、性ホルモンなど、すべてが異なる男の尻、女のヒップを研究,Tarzan, 199: 12-15, 1994(執筆協力).
 
大森 肇:オフィスで簡単にできる肩こり解消五分間ストレッチ,月間実業の日本,97(6): 165, 1994.
 
大森 肇:肩こり解消で気力充実 一日のスタートはモーニングストレッチングから,月間実業の日本,97(3): 165, 1994.
 
大森 肇:疲れてきたら3分間! “アタマによく効く”ストレッチングをどーぞ,蛍雪時代,62: 26-28,1992.
 
大森 肇 他:FITNESS ベストコンディションで臨みたい,蛍雪時代,61: 152-153,1991.
 
大森 肇:ジャック・グロッペル博士に聞く テニス技術理解のためのQ&A. テニスクラシック.11(5): 187-194, 1990(対談および監修).
 
鉾山 丕,大森 肇:本番前10日間!ベスコンへの“これだけチェック.蛍雪時代,59:23-33, 1990.